5月25日号 第258号

ワールドカップ10

 ついに始まりました。これから、テレビにかじりつきです。とりあえず、大胆予想します。16強は、結構当たるのだけど、決勝の組み合わせは、いつも大外れです。
 
 A組は、僅差で、フランス、メキシコだと思います。3位のウルグアイも十分にチャンスあり。ホームアドバンテージの南アフリカだって、チャンスはあるでしょう。
 フランスは、タレントは多いようですが、フランス大会で優勝の後、日韓で、まさかのグループ敗退、ドイツで、準優勝。この流れなら、敗退かもしれません。
 一番、予想が難しいグループかもしれません。

 B組は、好調メッシのアルゼンチンが、一位でしょう。それを追って、熾烈な争いも、アフリカということでナイジェリア、と予想しました。韓国、ギリシャは届かず。
ただ、先の日韓戦や、スペインとの戦いを見ると、韓国はすごく強いチームです。さすが、史上最強と言われるだけ、あります。

 C組は、イングランドが一位、それを追って、アメリカが滑り込むでしょう。スロベニア、アルジェリアは届かず。
 しかし、イングランドは、センターバックのスピードに弱点があります。

 D組は、ドイツが一位。熾烈な争いの後、セルビア、ガーナ、オーストラリアの順。
 ドイツは、主力の戦線離脱がすごく多いので、苦戦の可能性もあります。オーストラリアは、高齢化がネックです。

 E組は、オランダ、デンマーク、カメルーン、日本の順。
 攻撃力のオランダの1位は、揺るがないでしょう。カメルーンのゴタゴタで、日本にも、3位になる、チャンスあり。日本は、最近の戦績を見る限りにおいては、期待できません。先発も固定できないようだし。

 F組は、イタリアが一位、次いでパラグアイ、スロバキア、ニュージーランドは、蚊帳の外。
 今回は、南半球のチームが、有利と見ます。

 G組は、死のグループといわれています。しかし、ブラジルが一位で、ポルトガル、コートジボワールと続くのでしょう。北朝鮮も、蚊帳の外。
 死のグループからは、優勝出来ない、と言い張っていたビータですが、前回イタリアが優勝してしまいました。
 
 F組は、絶好調のスペインが一位。次いで、チリ、僅差で、スイス、ホンジュラス。

 ということで、ヨーロッパが、9チーム、北中米で、2チーム、南米で、4チーム、アフリカ1チームです。

 ベスト8は、フランス、イングランド、オランダ、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、イタリア、スペイン。予選一位の、順当勝ち。
 ベスト4は、イングランド、ブラジル、オランダ、スペイン。
 決勝は、ブラジルとスペインで、ブラジルの優勝。
 ブラジルは、14年の大会は、間違いなく優勝するでしょうから、今回は、別のチームが勝ってほしいです。とはいえ、ビータの予想は大外れ、というジンクスから、意外な決勝戦が見られるかも。
[PR]
by orcorn | 2010-06-16 18:31


<< 6月上号 第259号 5月下号 第257号 >>