11月15日号 第273号

食えないつまみ 夏の話a0046593_19115028.jpg

 今更ですが、この夏のビールの消費量は、6,7月は、好調でしたが、8月は、落ち込みました。
 不況の波、今だ、高し、ということもあります。8月は、暑すぎて、昼間から、清涼飲料水を飲みまくったおかげで、仕事の後に、「渇いた喉に、キューっと一杯。」にならなかったようです。
 過ぎたるは、及ばざるが如し、ですね。

ベルギービールよ、再び

  夜は、ガイドブックに載っているビアパブ、テ・ブルッグス・ベールティエへ行きました。
  ビータが、今までに訪れた外国のお店の中では、一番ビールの種類がありました。いろいろなベルギービールがありました。ガイドブックによると、200種類だそうですが、それほど多い感じがしませんでした。ビータの知らないビールは、ほんの数種類しかなく、ややがっかりです。
  ビータは、すでに、ベルギービールの3分の1ぐらいの種類を、飲んでおります。しかし、まだ、未知のビールが、何百種類と、あるはずです。 ベルギービールの専門店だから、かなりマニアックな、ローカルなビールを、期待していただけに、残念でした。a0046593_19122992.jpg
  ビールの種類で言うなら、日本にも、これ以上の数を置いている店は、何軒もあります。 逆に言うなら、日本のバーが、すごいって事でしょうか。
  さて、このベールティエに話を戻しますが、店の外見は、至ってシンプルです。中は、いかにもパブっぽい感じで、ワクワクしました。そして、奥行きが、間口の3倍ぐらい、ありました。

時事ーな問題点 ツタ

 地球温暖化対策に、少しでも貢献しようとまでは、考えていませんでしたが、何かお洒落っぽいし、癒される感じもして、ビータは、店の周りに、ツタを植え、それを育成してきました。
 しかし、10年たつと、ツタ大きく成長して、窓から、屋内に侵入したり、屋上にまで進出したりしました。このままでは、怪物ツタゴンに、家を乗っ取られてしまいそうです。
 そこで、方針転換しました。ツタ屋敷から、「雑木林の中の、小さいなお店。」的な、コンセプトにします。
 ところが、太い茎は、直径5センチ程にもなり、まさに木です。根っこも、長く、深く、延びています。壁に取り付いている様は、まるで背後霊です。a0046593_19131296.jpg

ビータのつぶやき

  新しいパソコンに、フリーのオフィスを入れました。
  予想していたことですが、今までの、オフィス03とは、使い勝手が違います。文字数、行数の変更の仕方が、分かりません。 通常の文書は、いいのですが、今までと継続する、メニュー作りには、不便です。
  ところが、幸運?なことに、メニューは、新しいパソコンでは、作れません。ビータのプリンターが、このパソコンに対応していないのです。
  一年位前に、このプリンターのインクを大目に買いました。それを使い切るまでは、使い続けないと、もったいないです。
  したがって、印刷物は、今までのパソコンで、作り続けます。しばらくは、PC2台体制です。なんかハイテクが進んでいるっぽくて、かっこいいのですが、はっきりいって、場所をとるため、邪魔です。

 
[PR]
by orcorn | 2010-11-16 19:13


<< 274号 11月中号 第272号 >>