<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2月25日号 第12号

食えないつまみ
 新しい酒税の続き
ビール以外の主な税は次の通りです。
         今の税率    新しい税率 1リットル当たり
清酒        141円     120円
果実酒(ワイン)  70円      80円
焼酎        248円     200円
ウイスキー    409円     370円
リキュール    119円     120円
みりん        22円     20円
新開発の発泡性酒類        220円
新開発の醸造酒          140円
新開発の混成酒(カクテルのような物)220円

 上がった物と、下がった物とがありますが、かつてはビールより高かった焼酎がかなり下がり、ビール(220円)より高い物は、今後はウイスキーのみとなります。第4のビールのような物を作れば、ビールと同じ税率になるため、これからは、そのような新商品も現れないでしょう。
ワインが第3のビールと同じ税率になるのですが、アルコール度数あたりで考えると
ビール     5%とすると、1%につき44円の税
第3のビール 5%            16円
清酒      12%           10円
ウイスキー  40%           9.25円
焼酎      25%            8円
ワイン     12%           6.67円
となり、かなり優遇されているワインに比べ、ビールにいかに厳しい税率がかけられているかが解ります。
 皆さん、こりゃプンプンくるでしょ。

今日のジョッキ スカルディス12

 以前は、「ブッシュ12」が出回っていましたが、それと同じ商品です。ヨーロッパで売られているのが「ブッシュ12」です。アメリカでは、バドワイザーの会社が「ブッシュ」という銘柄を売っているので、近所に流れる川の名前を付けて「スカルディス12」というラベルで売っています。昨年よりこの商品が輸入されているようです。
 ベルギービールの中で、最もアルコール度数の高いビールとして知られ。その12%から、名前が付けられています。
 ビンの上部が王冠ごと濃い金色のホイルで包まれていて、ラベルもゴールドが基調で、高級そうな感じです。
 ビールは、茶に近いゴールドで、フルーティーな香りで、まろやかな口当たり、すぐにモルト味が広がり、ナッツ風味が味わえます。徐々にしっかりした歯ごたえを感じてきて、甘さと、ホップのドライさと、スパイシーさが調和して、余韻が長く残ります。そして、顔の火照りを感じます。とてもおいしいビールです。

時事―な問題点 トリノオリンピック

 有名な大都市で行われる夏のオリンピックに比べ、冬のオリンピックの都市はとても地味です。ビータはもう、アルベールビルやリレハンメルがどんな都市だか良く覚えていません。外国の方も長野の事を忘れているのではないでしょうか。でもトリノは、オリンピックに決まる前から、まあ大きな町ではあるけど、それほど有名でも無さそうなのに、自分でも理由は良く解らないんだけど、知っていました。
 トリノ、長野、ニュートリノ
 とっ、トリノ?鳥取の・・・
 トリノ一。酉の市
 なんか耳に馴染んでいる音っていうのか、とにかく知っていた気がします。多分、トリノオリンピックをやった事を忘れても、トリノっていうイタリアの町は、忘れない気がします。

ビータのつぶやき

 今月の試飲会は、過去最大の参加者の中、終了しました。なかなかスムーズに進行できずに、ご迷惑をおかけしました事を、お詫び申し上げます。すいませんでした。今後は、このことを糧に、さらに充実した会にするよう努力しますので、暖かい応援のほど、ぜひお願い致します。
 今回のテーマはドイツでした。ドイツマニアの方も、ドイツビールの事を良く知らない方も、発見と驚きの15種類ではなかったかと、自画自賛しております。次回も、すごいアイテムをそろえますよ。
[PR]
by orcorn | 2006-02-27 14:05

2月15日号 第11号

食えないつまみ
 
新しくなる酒税について         1リットル当たり    
                      現在の税率  新税率 
1ビール                 222円    220円
2雑酒(発泡酒)麦芽比率25~50%     178円    178円
3雑酒(発泡酒)麦芽比率25%未満      134円    134円
4雑酒(第3のビール) 麦芽比率0%      69円     80円
5リキュール類(第3のビール)          79円    80円
 1はご存知の通り、普通のビール。
 2,3の発泡酒は、麦芽比率で2種類ありますが、今や2は無いかもしれません。
 第3のビールも造り方で2つに分かれ、えんどう豆や大豆から作るもの、これが主流なんですが、後はウォッカなどの他の酒をベースにビールの風味を加えるもの(サントリーの麦の贅沢など)です。
 まあだけど、ビールの値下げといっても、350ml缶にすると0.7円ですよ。
 4の第3のビールは、缶で3.8円もの値上げです。この小売値が大体125円ぐらいだから、価格の3%の税率アップです。一番最初の消費税と同じです。怒りつづけて次号に続く。

今日のジョッキ >「サッポロドラフトワン

 食えないつまみの流れでこれを取上げます。なにしろ、第3のビールという新語が生まれ、日本の酒税を替えてしまう画期的な物なのですから。日本のビール史において非常に重要なものとなりました。ごくわずかですがビールの税金も安くなる事だし、といっても小売価格は変わらないだろうけど。さらに、第3のビールも値上がりするし、やはり新酒税法は悪法なんですが、もしかしたらこのせいでビールメーカーは今までよりは、発泡酒や第3のビールに注いでいた力を、ビールに向けてくれるのではと、期待しています。
 まあ味に関しては、この値段なんだから良いじゃないですか。ビールじゃないんですから、ビールと比べてどうのこうのと言ってはいけません。

時事―な問題点  あややの年齢詐称疑惑について

先日、お客さんから「あややが何かの番組で、うっかり自分の年をばらしちゃった」との、気になる話を聞きました。あややファンのビータとしては、興味深いんですが、後日改めて考えてみますと「実は、あややは、32歳でした」とか言ってくれると嬉しいのに。ロリータとか、変態とか言われたらやで、おとなしくしているんですから。もしそうなら堂々とファンですと叫べるし、恋愛の対称にだって。
しかし、現実は甘くない。いくらなんでも、あややもそれほど年をごまかしてはいないでしょうし、ビータと出会うチャンスも無さそうです。

ビータのつぶやき

太字とか、いろんな技を使い出したんですが、あの真中ラインは、どのように使うんだろうか。字が読みにくくなってしまいました。
3月の試飲会は、土曜日は都合がつかない人にもチャンスです。
3月13日(月)9時から、テーマは春です
047(378)3407 おれんじCornまで

[PR]
by orcorn | 2006-02-15 14:49

2月5日号 第10号

最近、遅れ気味だったんで、今回は、がんばっちゃいました

食えないつまみ

ビールの世界ではいまいち地味なサントリーは、モルツの味とパッケージを改良して、3月15日に発売するそうです。そして好調のプレミアムモルツと共に販売を強化するそうです。発泡酒でなく、ビールに力を入れるなんてご立派。
 一方サッポロは、黒ラベルを刷新し、1月25日から2月末までイベントなどのPR活動をしているそうです。
 テレビコマーシャルでおなじみですが、サッポロは農家と、麦芽とホップを協働契約栽培しています。安全性という意味では、とても信頼が置けそうです。
 味という意味では、どうでしょうか。農産物は豊作と不作の年があります。毎年天候に左右され味が変わるワインと比べれば、作柄による麦の味の違いは、ほとんど解らないらしいです。しかし、穀物商社の方は、ビールを同じ品質にするため、世界中の天気を調べ、穀物の出来や味をチェックして、あちこちから仕入れているそうです。これは、味を同じにするっていうより、原価の問題なのかな。結論は、わかりませーん。
 とにかくサッポロのすごいとこは、なんとなく、すばらしいと思わせちゃうとこですよ。

新しいコーナー作っちゃいました。

時事―な問題点
これは、時事問題を、おやじ(ビータ)の視点で切るって話で、まずはいってみよー。

 先日、タレントで格闘家のボビー・オロゴンが暴れて警察へ連れていかれました。詳しい事情は解りませんが、所属事務所との金銭トラブルが原因だそうです。もしかするとボビーは、しばらく芸能活動できないかも。さらにそのままずっとってことも。
 そして10年後、
A「ほらそういえば、アフリカ出身のタレントで、目がギョロッとして、おもしろい人いたよね。」
B「いた、いた。たしか、オスマン・サンコンだっけ。」
C「えー、違うよ。K―1に出てた人でしょ。えーと、ムルアカじゃなかったっけ。」
A「そうだったっけ。何か、おめーよー、とか、おもしろい事いってたよね。」
B「あっ、そうそう。道端でマイク向けて、思い出した、ウィッキーさんだ。」
C「   」
 なんて話が、バーで交わされていたりして。

うーん。実は、時事―な問題点は、芸能ネタが多かったりして。

今日のジョッキ マレッツ10
 
 デュベルという有名なベルギービールを出しているメーカーで、モルトガット醸造所のアビィビールです。この会社は北部のアントワープにあるんですが、マレッツ修道院は南部のナミュール州の南にあり、ここのビールをライセンス生産してるんです。
 10は、ベルギー式麦汁比重の数値で、出来上がりのアルコール度数は、それと同じか、若干低くなります。これは、9.5%です。
 マレッツ10は、マレッツの中で一番人気が高いビールで、茶に近いにごった琥珀色で、バナナのようなフルーティーな香りと麦芽の風味のバランスが取れ、始めは、軽い口当たりに感じますが、やはり9.5%まろやかな味わいから、ずっしりした重みに変わり、のどの奥が熱くなってきます。ビータは弱いので、顔が火照り、心地よい酔いが感じられます。

ビータのつぶやき

今回は、カミングアウトも、ぐちも言いません。
2月18日(土曜)9時からの試飲会は、ドイツがテーマです。ぜひ、予約してください。
その次は、3月13日(月)9時から、テーマは春です
[PR]
by orcorn | 2006-02-01 14:54