<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4月上号 第18号

食えないつまみ

 キリン「のどごし生」が好調で、昨年は最高益で、営業利益もアサヒより多くなったそうです。それに対しアサヒは、ビールや「新生」が不振で減収減益です。明暗を分けました。再び業界1,2位の逆転の可能性が強くなってきてます。

今日のジョッキ マレッツ8

 そうです。マレッツ8だってあります。度数は8%で、これは赤いラベルです。
 深い茶から赤ワイン色で、口当たりが甘く、チョコレートとビスケットのような味わいで、ほのかにハーブのような香りのアクセントがあります。そのせいか意外に軽く感じます。マレッツにはこれ以外にもあるそうですが、ビータは飲んでいません。興味はすごくあるんですが。

ビータのつぶやき

 先日初めて、人にコメントしました。相手はトラバってくれた人で(トラバとは、トラックバックの事らしいです)、ビータは勇気を振り絞ってコメントしたんですが、やってみると、別にどうってこと無いな、という感想です。何を恐れていたんでしょうか。ビータにコメントくれる人も、いろいろ考えたり、迷ったりしているのでしょうか。とにもかくにも、皆さん感謝です。
 最近、回数が増えている分だけ、内容が少なくなってきました。でも、いいですよね。
[PR]
by orcorn | 2006-03-31 15:22

3月25日号 第17号

食えないつまみ

昨年の大手4社のビールの販売実績は、次の通りです。
         ビール      発泡酒       第3のビール  全体
アサヒ   13890-7.4%  3970-26.5% 1489        19340-5.2%
キリン    8440-11.1% 6620-20.3%  2790        17850+0.3%
サッポロ  3793-5.7%  1110-37.5%  2194+20.8%  7097-6.8%
サントリー 1800-0.4%  2026-28.7%  1344+92.6%  5170-3.3%
                                             単位万ケース

時事―な問題点 レーザーラモンの交際宣言

 ちょっと昔の話になってしまったのですが、レーザーラモンの交際会見の少し前に、ビジネスマン風の2人の男の人の話を、耳にしました。
「レーザーラモンがデート写真をスクープされたね。」
「彼は、ゲイじゃなかったんだ。」
「女好きそうな感じだからね。」
 たいていの人が、彼がハードゲイで無いって知っていましたよね。単なる、お笑いのキャラというか、舞台衣装のような。なんか、ハードゲイってそんな格好をしていそうだし。でも、本物はどんな服を着ているのでしょうかね。
 レーザーラモンがそういうコスチュームを着て、ゲイだといってみんなを笑わせる、それって今はやりのメイドさんと似ていませんか。
 皆さんだって、本当は彼女たちが自宅で「お帰りなさいませ、お父様」なんて笑顔で出迎えているなんて思えないでしょう。
 私服で通勤途中の彼女に、いやらしい目をして近づきそうものならば
「うぜーんだよ、このスケベじじー。」
「チョーきもい。」
 と言う姿を想像する方が、容易です。
 メイド服の娘なんて、幻想に過ぎませんよ。でも、カワイイけどね。

ビータのつぶやき
 
 トラックバックは、以外に簡単でした。ほとんどが、なにかの業者に営業されているみたいで、無視してオーケーって感じ。
 その中で、興味のあるのが少しあったので、今度はその人のブログに、初コメントしてみようと思っています。
 次回の試飲会は、4月22日土曜日、9時からです。後数人で締め切りです。希望される方は、お早めに。047(378)3407 おれんじCornまで。
[PR]
by orcorn | 2006-03-26 20:50

3月下号 第16号

食えないつまみ

昨年は、ビール業界変動の年で、まず大手4社すべてが第3のビールを作りました。また、新取引制度により、一部ビールの値段が上がったりして、さらに年末は、記録的な寒波が来て、ビールの売れ行きに影響を与えました。
 その結果、大手5社(オリオンビールを含む)の総出荷数が、前年比3.1%減の、5億101万6千ケースで、現行の統計が開始した平成4年以来、過去最低数となりました。

今日のジョッキ マレッツ6

 マレッツ10があるんだから、マレッツ6があったっておかしくないですよね。マレッツ10が、黒とモカブラウンのデザインのラベルなのですが、マレッツ6は、黒とグリーンです。
 ビールはブロンズ色でとてもフルーティーな香りで、イースト風味が強く、辛口で、ほろ苦いけど、口当たりが良くて、スムーズなビールです。度数が6%というのが、安心できます。

時事―な問題点 花粉症で鼻うがい

 今年は、花粉の飛散が少なく、また、スギももうピークを過ぎたそうなので、一安心ですが、軽度ですが花粉症のビータは、しばらく前はやはり、悩まされました。
 症状がつらい時は、例の鼻から水を吸ってうがいするっていう方法をするのですが、うまく出来ません。すぐに鼻の奥が、ツーンと痛くなってしまい、止めてしまうんです。そんな時、なぜか思い出すのが、カキ氷を急いで食べた時、キーンと頭が痛くなるなって事なんです。痛む場所も、痛み方も違うんですが、なんかちょっと似ていませんか。
 ぜひツーンを試して、感想を聞かせてください。

ビータのつぶやき

 先日の試飲会は、すごくスムーズに進行しました。密かに、大分上達したんだなって思っていたんですが。よく考えると、前々回の3分の2の人数と、ビールの種類で、忙しさもやはり、3分の2だったのでは。総簡単には、人間進歩しません。
 トラックバクッた話は、次回に。
 次回の試飲会は、4月22日土曜日、9時からです。只今、募集中です。047(378)3407 おれんじCornまで。
[PR]
by orcorn | 2006-03-22 17:43

3月15日 第15号

食えないつまみ

 缶入りのワインが初めて発売になるそうです。ビールはとっくの当に缶入りが出てるぞ。ワインは紙パックも販売しているんですよね。その点では、遅れをとっているけど、紙パックビールは、ぜんぜんそそられないので、いりませーん。
 ところで、プラスチックボトルのワインってあるのかな。ビールにはあるんだよ。その他に、陶器のボトルだって。個人ではあまり買わないだろうけど、木の樽だってあるし、容器のバラエティーさでは、ビールにかなう物は無いんじゃないかな。

今日のジョッキ グロールシュ
 1615年オランダのグローレという町で創業し、1898年より今の会社になり、このビールをつくったらしい。英語風に読むと、シックスティー、フィフティーンという事で、15回目のジョッキです。この方式でいくと結構良さそうなんだけど、会社の創業年でデーターを取っているわけではないんで、かなり大変です。
 グリーン色で、スイングキャップというプラスチックの針金付の、何回でも開け閉めできるふたが付いている、473mlという微妙な量の中ビンと、王冠式の小ビンと、缶入りがあり、中ビンはおしゃれな分だけかなり割高です。今は小ビンは売っていないかもしれません。
 グロールシュのうたい文句は、オールモルトで、新鮮な湧き水を使用、ゆっくり2ヶ月熟成で、クリーミーな泡立ち、シャープな苦味、爽快なのど越しと、コクとキレ。アルコール度数5%で、うたい文句通り、戸ともきれいな味わいで、飲みやすいビールです。

時事―な問題点 シンデレラ城ミステリーツアーが終わるんだって

 東京デズニーランドのあの人気アトラクションが終了してしまいます。
 シンデレラといえば、白雪姫と並ぶ、デズニーが誇るアイドル姫。だけど生まれながらのセレブの白雪姫に比べ、シンデレラの方は、彼女以外に女中仕事をする人がいない事と、お姉さんたちはお城の舞踏会へ着飾っていける事を考えると、やや裕福な平民の娘といった身分でしょうか。それが王子様のお嫁さんになっちゃうんですから、完璧な成り上がりです。
 その話が広がって、その舞台となったお城が、シンデレラ城と呼ばれるようになったのでしょう。そう、あのシンデレラ城は玉の輿の聖地とも言えるのです。今度行く機会があれば、ぜひお参りして、あやかって逆玉にでも乗りたいものです。
 ミステリーツアーが終わっても、お城は壊したりしませんよね。今までだって、ツアーの内容と、シンデレラのお話とは関係なかったものね。

ビータのつぶやき
 
 トラックバックって、どうもリンクの一種のようです。他の人のホームページなどと簡単に接続できるようになると、どんな変化がおきるのだろう。トラックバクルとビータや、見ている人が便利になるのかな。その便利とは、具体的にどんな事なのかな。よく解りません。でも、勇気を出してそこをクリックしてみます。その結果は、次号で報告します。
 第9回の試飲会も無事終了しました。次回は、4月22日土曜日、9時からです。只今、募集中です。047(378)3407 おれんじCornまで。





テーマは未定だけど、その次は、6月になるので、4月の分を募集中です。
[PR]
by orcorn | 2006-03-14 16:38

緊急報告 第14号

緊急報告 ついに来ちゃいました。トラックバック

 発見したのは、4日前なんですが、以前から来ていたようです。
 もう心臓バクバクで、変なテンションで「トラックバクられちゃった、トラックバクられちゃった。」って唄っちゃうし、土砂をつんだダンプがゆっくり逆送する映像が、浮かんでは消えるし、その上そのダンプの手前には、三輪車で遊んでいる小さな子がいるんです。
 ブログを始める前に、本を買って読んだ時に、確かにありました。けど、なんか難しそうだし、とりあえず関係ないことにして、見なかった事にしていたんです。
しかし、ここで怯んでいてはいけません。あの伏魔殿のようにも思えたブログをやり、コメントの読み方、返事の仕方など、徐々に覚えたビータです。
 進化しているんです。
 トラックバック界のマナーと、トラックバックってどんな物なのかを勉強して、トラックバックデビューせねば。そして、ダンプの手前のあの子を救わねば。これは、神が与えてくれたチャンスです。
 これから、あの本のトラックバックの項目を読んで、ブログのトラックバックの状況を把握して、立派に、トラックバックデビューを果たして見せます。ゴールデンウィークの前までには。これぐらい期間があれば、どんなに難しくても、大丈夫ですよね。

今日のジョッキ 
 ついにネタ切れです。気付いた方もいらっしゃるでしょうが、今まで1から順番に数をテーマにビールを選んできたんですが、残念ながらビータの知っているビールで、名前に14がつくのは思いつきません。
 まあ、ローマ数字で読んだり、逆立ちして読んだり、横に2本並べりゃ読めるしみたいな、かなり強引な物もあったんですが、何とか続けてきました。それに今回は緊急だし、そこで、今回はお休みです。

ビータのつぶやき

 こんな事もあるし、実は、ブログの回数を増やそうと思っているんです。今までの他に、月の上、中、下号を出し、全部で6回に。そのため毎回、4つあるコーナーを、2,3個に減らして書くようにして、微妙にサボれば、何とかできるんじゃないかなって思っています。ずる賢いけど、よろしくお願いします。
[PR]
by orcorn | 2006-03-10 15:57

3月5日号 第13号

今日のジョッキ ディーベルス・プラート13

 アルトビールで有名なドイツのデュッセルドルフの大手メーカーのディーベルス社の濃色ビールです。プラート13というのは、麦汁濃度が13の意味で、一般的に麦汁濃度の半分から、それよりやや少ない数字が、アルコール度数になります。これは6%。
 蛍光グリーンのアクセントがかっこいいラベルです。こげ茶色で、味はちょっとコーヒーを想わせるようなコクがあり苦味が強くわずかに酸味が感じられます。イギリスとかアメリカの地ビールにはこのような物がありますが、ドイツビールではあまりないんじゃないのかな。珍しい気がします。

時事―な問題点 トリノオリンピックその2

 いやー、荒川さんやりましたね。まさか金とは思わなかった。感動したし、正直ほっとしました。メダル0ではあまりにもさびしんでね。
 オリンピックなんて興味が無いって言っていたビータですが、テレビを点けると、つい見ちゃいます。それぞれ選手は、苦しかった事、つらかった事を乗り越え、この舞台にいるんです。年のせいか涙もろくなったビータは、ちょっとした事にすぐジーンと来て、鼻水が出ちゃうんです.汚くてすいません。
 そんなある朝、知らないうちに脳がそのオリンピックの感動を思い出したのか、鼻の奥がツーンときて、鼻水が出るんです。そしてその翌日も同様に。もう完全にオリンピックにつかっちゃっているなあって思ったんだけど、フッともしやこれは花粉のせいではと、気付いたのです。
 そういえば、2、3日前から天気予報で花粉情報やりだしたし、それほど重症ではないけどビータは花粉症です。この鼻水は、トリノの鼻水か、ちがうのかを確かめようとしたら、オリンピックも終わってしまい、天気もぐずついていて、花粉のとびもイマイチ。本当はラッキーって思わないといけないんでしょうけど。
 そんな訳で、メロちゃん達と同様に、4年後のバンクーバーに、この結論は持ち越しになったんですが、ビータは若くないんだから、鼻水の事、思い出せるか不安です。

ビータのつぶやき

 実感です。2月は短い。通常は10日ごとにブログの締め切り(作家みたいでかっこいい)が来るのに、今回は、2日短いんです。2割も少ないってことです。スーパーでも2割引って言えば思わず惹かれてしまうでしょ。それぐらいインパクトがあるんです。さらに、2月25日号が遅れちゃったし、ますます時間がなくなっていたんです。あせった結果使った裏技が、「食えないつまみ」をサボる事でした。でも、締め切りに遅れたけど。えへへ。
 3月の試飲会のテーマは春なんですが、実は春っぽいビールは2種類だけなんです。でも期待してね。
 4月の試飲会は、22日土曜日、9時からになります。テーマは未定だけど、その次は、6月になっちゃうので、皆さん4月に参加して下さいね。募集中です。047(378)3407 おれんじCornまで。
[PR]
by orcorn | 2006-03-06 14:51