<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

6月上号 第100号

試飲会のビール その2
a0046593_7261797.jpgリーフマン・クリークビア
シャポー・フランボワーズ・ランビック
ビオス・クリーケンビア
エフェメール・アップル

工場見学記、サッポロ編、いざ見学

 こちらは一人でも申し込みできます。インターネットで申し込みが出来ます。幸い一緒に行ってくれる人が見つかり、2人に変更してもらいました。今度は電話で変更、応対は完璧です。5点満点。
 今回は予習も兼ねて、恵比寿のビールミュージアムに行ってきました。ただであんなに興味深い展示が見られるなんて、感動です。併設されているビアホールも驚きの安さです。
 ただ130年記念のパンフレットを200円で売るのはセコイ気がします。だって宣伝物ですよ。売り子さんもイマイチ親切でない。そのときのビータは少々意地悪だったかもしれないけれど。おまけして4点。
 でも、文句を抱えつつも買ったそのパンフレットは、ビータ的には安かった。すごく面白い。まるでタイムマシンの気分で、太らないビールのつまみです。
 さて当日。元気のでる色のシャトルバスには、やはりBGMがありません。この世界はそんなものなのでしょうか。少々さびしいです。途中2箇所に停車するため、20分ぐらいかかります。
工業団地のような所にサッポロビール工場はあります。外観も工場っぽいです。おしゃれ度ではアサヒより下回ります。4点。
 今回はなんとビータ達だけのツアーです。質問するのも気が楽です。ガイドさんの説明も概ね満足です。詳しい説明は、技師とかじゃなければ難しいのでしょうね。4点。思えば、アサヒのツアーもあの邪魔な子供さえ居なければ、4点です。

ビータのつぶやき

 6月3日、日曜7時から、ビッグボトルの試飲会を予定しています。定員10名、会費3000円です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
 7月7日(土)は七夕と開店10年目突入を記念して、振る舞いビールを出します。量に制限がありますので、無くなり次第終了となります。ご了承の上、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。
 7月21日(土)8時から、またまた試飲会を予定しています。テーマは未定、2500~3000円。詳細はまたいずれ。
[PR]
by orcorn | 2007-05-31 07:27

5月25日号 第99号

試飲会のビール その1a0046593_9111865.jpg
カンティオン・クリーク・ランビック
カンティオン・グーズ・ビネロン
カンティオン・ローズ・デ・ガンブリヌス
リーフマン・フリセッテ・クリークビア
リーフマン・フリセッテ・アップル
リーフマン・フリセッテ・ピーチ


工場見学記、アサヒ編、試飲

 ついにスーパードライの試飲です。ガイドさんが度々言っていた「きめ、クリーミー」納得します。個人的には「きめ細かい泡」という言葉の方が馴染んでいるのですが。
 ビールが新鮮だからか、注ぎ方が上手だからか、サーバーが良いせいなのか。とにかく、炭酸ガスが強すぎず、クリーミーで柔らかい味わいです。もちろん泡もふっくらとしています。本来、苦くないスーパードライが、さらにさっぱりしてするする飲めます。ただ「美味しい」の一言で済みます。体調のせいももちろんあるでしょうが。a0046593_9114624.jpg
 あまり強くないビータが、20分で約0.3lのグラス3杯飲んでしまいました。なんかソフトドリンクのようにも感じます。おつまみのクラッカーとも合います。これは5点満点です。
 後日絵葉書をいただきました。前号の建物の写真がそれです。結構これには、やられました。
 総合評価は、4点です。でももう少し頑張ってほしいなあ。

ビータのつぶやき

 6月3日、日曜7時から、ビッグボトルの試飲会を予定しています。定員10名、会費3000円です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
 7月7日(土)は七夕と開店10年目突入を記念して、振る舞いビールを出します。量に制限がありますので、無くなり次第終了となります。ご了承の上、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。
[PR]
by orcorn | 2007-05-28 09:12

5月下号 第98号

試飲会の風景a0046593_0443639.jpg

工場見学記、アサヒ編、工場に入って

 アサヒビールの守谷工場の外観は、かなりおしゃれです。まるでちょっとした博物館のようです。平成3年に出来たそうで、中ももちろん綺麗です。
 今回の見学の所要時間は、1時間。今回の参加者は総勢2,30名ぐらいで、乳幼児も2,3人混じっていました。
 まずは10分ほどの映画の上映、そして工場の中の見学です。ガイドさんの説明は、よどみは無いのですが、いかにも作業を淡々とこなしている感じで、盛り上がりませんでした。一人の小さな子が騒いで、完璧に説明の邪魔をしています。
 きっと多くの人は、工場見学にはあまり興味がなく、最後の20分の試飲が楽しみなのかもしれません。しかしこれは工場見学のツアーなのだから、頑張って楽しく見せる努力をしてほしいです。デズニーランドのガイドを参考にするのはいかがでしょうか。あそこではゲストを巻き込んで盛り上げています。a0046593_0455443.jpg
 また、工場内の見学の数十分の間は、飽きてしいやすい小さい子を預かる、などといったことは出来ないのでしょうか。
 建物や工場は5点満点ですが、見学ツアーは2点(何とか合格点)です。
 さて、最後の試飲ですが、これはまた次号。

ケイトとまなぶ ステップ22

 先日は、電源が落ちなくなりました。悪戦苦闘の末、説明書を読んで、電源ボタンの長押しをして、トラブルを解消しました。
 昨日は、マイピクチャーをデスクトップに表示しました。ショートカットしたつもりだったのです。デジカメの写真の取り込みは、簡単に出来ました。ところが、写真の編集が出来なくなりました。
 なんとか、マイドキュメントの中に戻して、編集も出来るように回復させたのですが、実は、デジカメの取り込みが、変に入ってしまっていました。映像的には問題がないので良いのですが、未だにケイトをうまく使いこなせていません。

ビータのつぶやき

 6月3日、日曜7時から、ビッグボトルの試飲会を予定しています。定員10名、すみません、会費3000円に変更です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
 7月7日(土)は七夕と開店10年目突入を記念して、振る舞いビールを出します。量に制限がありますので、無くなり次第終了となります。ご了承の上、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。
[PR]
by orcorn | 2007-05-21 00:46

5月15日号 第97号

今日のジョッキ レーベンブロイ
a0046593_23515183.jpg 
 多分、日本人に一番有名なドイツビールです。ミュンヘンの中で最も国際的な思考の会社です。
 1383年の創業との説もあります。1997年にシュパーテンと合併しました。日本には1983年よりアサヒビールがライセンス生産をしています。輸入品も別のメーカーから入っています。写真はアサヒのです。
 ドイツらしく1860ミュンヘンと言うサッカーチームのスポンサーです。
 ミュンヘンのビールの中で中間の味わいで、このビールは若干日本人の味覚にアレンジしていて、まろやかでバランスがとれ飲みやすいラガービールです。当然人気があります。度数は5%です。

工場見学記、アサヒ編、出発

 アサヒビールの工場見学ツアーに申し込みました。2名以上で、電話で申し込むのです。
 さすが大手の会社は違います。電話の受け答えの好感度は抜群です。
最寄り駅の近くの飲食店についての問い合わせには、若干不明確な受け答えでしたが、ほぼ完璧な応対です。点数をつけるなら5点(満点)です。
 当日友人と3人で行ったのですが、守谷駅に着いて分りました。車を持っていないと、移動がとても不便のようです。電話の相手も、ふだんは電車には乗らないのでしょう。駅前の様子が分らなくても当然です。
 さて、シャトルバスがやってきました。路線バスより少し小さい結構地味なバスです。でも中は広々として快適です。工場には10分足らずで着きます。
 最近の都心の路線バスは、ボディに派手な広告のペインティングをしています。当然アサヒビールだって広告を出しているでしょう。なら、シャトルバスも、同様にすればいいのに。
 さらに、工場に着くまでの間、車内でテレビコマーシャルを流したり、またはイメージソングとか、ビールを注ぐ音や、乾杯などのざわめきなどのBGMを流すとかすれば良いのに。そりゃあ少々あざといかもしれません。
 だけどあちこちのテーマパークでは、入場する前から、いろいろ工夫してゲストの気分を盛り上げようとしています。ここは工場だけれど、せっかく見学ツアーを主宰しているのだから、やはりお客様を楽しませることを目指さないと。ということでアプローチは4点(あと一息)。
 続きは次回。

ビータのつぶやき

 5月19日、土曜8時から、さくらんぼ祭りと銘打って試飲会をします。甘酸っぱいビールの好きな方の参加を、お待ちしています。
 定員8名、会費2500円です。
 6月3日、日曜7時から、ビッグボトルの試飲会を予定しています。皆様の参加をお待ちしております。会費2500円です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
[PR]
by orcorn | 2007-05-13 23:52

5月中号 第96号

試飲会のビール その2a0046593_10361015.jpg
ハーベストエール・リミテッドエディション
 ポートカスク
 シェリーカスク
 カルバドスカスク
 ラガブリンウイスキーカスク

食えないつまみ

 NHKで「町をテクテク歩く」的な番組があり、サブタイトルが気になり、見ました。中国の青島市の通りを歩くのです。
 いかにも中国らしく、昼時に学生が屋台でラーメンを買って食べるのです。その場で麺を伸ばし茹でる、まではいいのですが、出来たラーメンをスーパーで使うポリ袋に入れます。さらに驚きは、買った学生は、それをそのままどんぶりの上に置くのだそうです。どんぶりは汚れないけれど、あまり美味しそうには思えません。a0046593_10364450.jpg
 そしてあの有名な、青島ビールの量り売りをしていて、500gが約20円です。値段の安さは納得できますが、容量でなく重さで売ることが以外です。それも、先のようなポリ袋に入れるのです。
 以前雑誌で、中国でビールをポリ袋に入れている写真を見ていましたので、このことについてはさほど驚きませんでした。しかしそれは昔の話で、今はビンとか缶で流通していると考えていましたし、メジャーな青島ビールが、という意味では、びっくりです。
 持ち運びには軽くて便利だし、ごみの量も少ないかもしれないけれど、エコではないし、第一おいしそうには思えません。食の国、中国ですよ。
 けれどもこれも中国の懐の深さというべきなのでしょうか。

時事ーな問題点 大酒飲みの肝臓

 ビータは酒に強くないし、毎日飲むわけではありませんが、こんな番組があったら見るのに。
 肝臓に優しいビールの飲み方や、肝臓のケアの仕方、無理なくビールに強くなる方法、時には僅かな量で心地よく酔えるコツなどなど、いろいろな面から徹底的にリサーチした番組なら、ビータだけでなく多くの人のハートをわしづかんじゃうと思います。
 そりゃみんな何となく想像がつきますが、科学的に突っ込んで調べていただきたいです。マスコミ関係の方々、この企画、検討してください。

ビータのつぶやき

 5月19日、土曜8時から、さくらんぼ祭りと銘打って試飲会をします。甘酸っぱいビールの好きな方の参加を、お待ちしています。
 定員8名、会費2500円です。
 6月3日、日曜7時から、ビッグボトルの試飲会を予定しています。皆様の参加をお待ちしております。会費2500円です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
[PR]
by orcorn | 2007-05-10 10:38

5月5日号 第95号

試飲会のビール その1a0046593_1172929.jpg
 キリンラガービール
 マンチェスタースター・エール
 カーネギースタルク・ポーター
 プライズ・オールドエール
 ミレニアムブリュー
 ブリュノー・ビレッジ

時事ーな問題点 大食いの人の胃

 先日テレビで、「大食いチャンピオンの謎を解く」といった感じのコーナーがあり、ガッツリ食いついてしまいました。ジャイアント白田とギャル曽根の胃袋のレントゲンやMRIで、その大食いの秘密に迫るのです。興味深々です。
 彼らのただでさえ普通より大きな胃が、食事の時には10倍から15倍に膨張するのです。そりゃ驚きの映像でした。また、食べたものを熱に変えて体外に放出する機能を持つ褐色細胞を、彼らは多く持っているとのことです。a0046593_1175269.jpg
 でもこのテレビは消化不良です。
 巨大化した胃袋は下に下がり、腸を背骨のほうに押しやっています。これって胃下垂じゃないのですか?健康的にはどうよ?あんなに大量に食べて太らないなんて、褐色細胞だけで説明がつくのですか?消化能力とかの問題は? 
 謎はまだいろいろ残っているじゃないですか。
 食糧危機が迫りつつある昨今、また健康ブームの時代に、バブリーな大食いを取り上げるには、それなりの配慮が必要です。イケイケ時代の大食いブームとは味わいを変えて、今回の流行がワンランク成長し、エレガントになってほしいと願うのは、ビータがジジむさくなったせいでしょうか?

ビータのつぶやき

 5月19日、土曜8時から、さくらんぼ祭りと銘打って試飲会をします。甘酸っぱいビールの好きな方の参加を、お待ちしています。
 定員8名、会費2500円です。
 6月3日、日曜7時から、ビッグボトルの試飲会を予定しています。皆様の参加をお待ちしております。会費2500円です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
[PR]
by orcorn | 2007-05-05 01:18

5月上号 第94号

試飲会の風景a0046593_1195445.jpg

 今回はかなり偏ったテーマで試飲会を行ったので、どうなるか心配していました。けれども思った以上の好反響に勇気を得て、今後もマニアックな試飲会を、年に2回ぐらいやろうと思っています。  

食えないつまみ

 この春は日本の大手ビールメーカーの工場見学に入ってこようと思っています。ビールのブログだから、やはりこういうことを研究しないとね。と、予告です。

時事ーな問題点 バナナは続くよ、どこまでも

 バナナってほとんどは房で売っているので、バナナはまだまだ残っています。で、どんどん完熟していく過程まで味わうことが出来ました。しばらくバナナは食べなくて十分な程食べました。
 結論です。みんな少しずつ色や香り、食感などが違いますが、やはりどれもこれもバナナとしか言いようがありません。高いものはやはり甘くて美味しいけれど、安い品でもベストのタイミングで食べればかなり満足できます。ビータはチープなこの方法で十分です。
 ところが先日、台湾バナナが安売りしていたので買っちゃいました。熟成した香りで、しっとりして甘く、ねっとり歯茎に食い込む感じです。なんか蜂蜜っぽい気がします。さすが高級品です。
 もうこれで今回のバナナ研究は終了です。のつもりですが・・・

ビータのつぶやき

 もうマニアックな試飲会の第二段の企画です。
 5月19日、土曜8時から、さくらんぼ祭りと銘打って試飲会をします。甘酸っぱいビールの好きな方の参加を、お待ちしています。
 定員8名、会費2500円です。
 6月3日、日曜7時から、ビッグボトルの試飲会を予定しています。皆様の参加をお待ちしております。会費2500円です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
[PR]
by orcorn | 2007-05-01 01:20