<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6月25日号 第105号

工場見学記、いよいよ

 予約時に見学コース改装中との連絡を受けていました。そのせいか、コースは今までの中で一番面白みがありません。仕方が無いけれど。a0046593_1281811.jpg
 これも改装中の影響か、入口に入ってすぐに目に付くのがお土産品コーナー。バレーやラグビーチームのグッズもあるのですが、ビータが引かれるものはありませんでした。
 一番大切な工場見学は説明がしっかりしていたので、改装中の貧弱さは点数に入れずに、4点。
 試飲はプレミアムモルツと、モルツです。プレミアムは上品で華やかなホップの香り、甘さ控えめで柔らかな苦味が後を引きます。モルツは香り少なめで、甘さとビビットな苦味との対照が印象的です。5点。
 総合評価は4点です。予約の説明などに工夫の余地がありそうです。
 ここへは、当初の希望のコースに参加したいし、本来の見学ルートを見たいので、いずれリベンジします。
 工場の写真はパンフレットから写しました。

迷い道 DIY

 DIYのきっかけは、店の中のレイアウト変更です。
 シャンデリアを作ったり、コンロ横の棚を据えたりしました(これは単なる配置換えだけど)。さらに、いろいろな物の置き場所の変更もしました。こうなるとDIYと言うより大掃除です。これもまた脱線しまくりの一環と言っておきましょう。
 そのせいで最近、宝探しをしているかのように、物を探してばかりです。注文をこなすのに、今までより少し時間がかかっています。早く慣れなくては。
 しばらくはご迷惑をおかけします。a0046593_1272456.jpg
 実は最初に作った棚も今だに未完成です。まだ塗装と、細部の飾り付けが出来上がっていません。使い勝手を確かめながらいろいろ修正する予定です。
 ダビンチのモナリザも何度も手直ししたらしいから、それを真似ていることにしておきましょう。
 写真は新しいワインセラー、冷蔵庫Dと呼びます。

ビータのつぶやき

 7月7日(土)は七夕と開店10年目突入を記念して、セント・フューリエンと言うビールを振る舞います。適宜大きなゴブレットで回し飲みします。ビールが空いたら終了となります。といっても結構な量を用意しています。ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。
 7月21日(土)8時から、またまた試飲会を予定しています。アメリカのビールが中心になる予定です、3000円。詳細はまたいずれ。
[PR]
by orcorn | 2007-06-27 01:28

6月下号 第104号

工場見学記、とりのサントリー

 奇しくも工場見学のとりを飾ることになったのがサントリー。最初のアサヒの見学メンバーで行く予定が、急遽2名に変更。電話で連絡しましたが、総合受付と兼ねているため、リアクションに手間取りました。
 送迎バスは、今までの例に漏れずそれなりにじみで、BGMは無し。
 工場は今までの中で一番工場らしいたたずまい。他所は結構緑に工夫を凝らしていましたが、一番無機質な感じです。
 受付時に当初申し込んでいたつもりのコースに入っていないことが発覚。ここはいろいろな見学ツアーがあり、インターネットの受付の説明が分りにくく、往生したため、電話で問い合わせて申し込んだのですが、うまく伝わっていなかったようです。
 いろいろなコースを用意している点を高く評価して、予約は4点におまけします。アプローチは3点。

迷い道 第一歩

 ビータの店に、新しいワインセラーが加わりました。もちろんビール用冷蔵庫として使います。これで10坪足らずの店に、5台の冷蔵庫がひしめくことになりました。
 いざ置いてみると、どうも落ち着きません。収まりが悪い感じです。我慢できずに、早々に部屋の模様替えです。奥の方に3台のビール冷蔵庫を置き、入り口付近を開けました。厨房からの見晴らしも良くなり、また、お客さんの評判も上々です。
 見に来て、感想を聞かせてくださいね。
 しかし細部の使い勝手が、悪くなってしまいました。そこを修正のため、新たに棚を自作しました。まず置き場所が決まっているため、既製品はサイズが合いません。それ以後、いろいろDIYにはまっています。

ケイトと学ぶ ステップ24

 ビータの写真ははっきり言ってヘタです。
 アングルや背景に無頓着で、時々ビールが傾いていたり、光っていたり暗すぎたり、ひどい時にはピンボケでラベルが見にくかったりします。
 几帳面ではないこの性格にも因るのですが、手を伸ばして写真を撮ることにまだ慣れていません。昔の写真機は、眼にくっつけるようにしてシャッターを押すので、手振れなどが少なかった気がします。
 また今やほとんどビール瓶の写真ばかりを撮っていますが、以前は人物写真が中心でした。だから静物の撮るコツがイマイチ分りません。
 少しは勉強して見やすい写真を撮らないといけませんね。

ビータのつぶやき

 7月7日(土)は七夕と開店10年目突入を記念して、振る舞いビールを出します。量に制限がありますので、無くなり次第終了となります。といっても結構な量を用意しています。ご了承の上、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。
 7月21日(土)8時から、またまた試飲会を予定しています。アメリカのビールが中心になる予定です、3000円。詳細はまたいずれ。
[PR]
by orcorn | 2007-06-23 13:56

6月15日号 第103号

試飲会のビール その2
a0046593_1542136.jpgダスファイネ・ホフマルク・プレミウム・ヴァイセ
ロトリシエ

工場見学記、満点は難しい

 ここの工場見学の特徴は、ビジュアルにこだわっているところです。スタッフの方と言う意味ではなく、ジョッキのコレクションや、模型やらの展示品が眼を楽しませてくれます。
 周辺の地域と工場の関わりについても重要視しています。
 また麦汁を飲ませてくれるのも嬉しいサービスです。
 説明も十分丁寧ですし、そつがありません。ここも5点です。
 さて試飲ですが、キリンラガー一番搾り淡麗のうちから、2杯までが飲めるシステムです。ビータは飲み比べがしたいため、「料金を払ってでも3種類飲みたい」旨を伝えたのですが、適正量飲酒とかでだめでした。で「代わりに総量を減らしてほしい」とお願いしたのですが、「隣のレストランで飲め」といった内容の返事です。
 じゃあ適正量飲酒って何なんだ。本当にビールの味を知ってほしいなら、サンプラーのような飲み比べセットを置くべきでないか。大いに不満です。2点。これで満点は無くなってしまいました。
 ところでキリンラガー一番搾りを飲み比べてみると、おとなしい香りで、苦いが柔らかい味わいのキリンラガーと、僅かにフルーツの香りと麦の香りで、甘さから苦味に移っていく一番搾りといった感じでしょうか。
 でも気分を変えて2種類を飲み分けるほどの違いはありません。両方を常備する人はまれでしょうね。
 さて総合点は最後の減点が響いて4点。
 ちなみにここでしか買えないらしいビールゼリーチョコはとても美味しく、お客さんたちにも好評でした。だけどこれ、北海道で製造なんですけど。

迷い道
 
 ビータが人と会話していて、話が脱線して、ついには違う話で盛り上がっていても、強引にもとの話に引き戻します。話が尻切れトンボになるのが好きではないからです。
 けれどそろそろ大人になって、新しい話が盛り上がったらそのまま温かく見守る、そういう態度を取れるようになろうと、努力しようと考えるようになりました。
 でその第一歩として、話が脱線しまくるコーナーを作って、それに慣れようと思います。はたしてうまくいくでしょうか。

ビータのつぶやき

 7月7日(土)は七夕と開店10年目突入を記念して、振る舞いビールを出します。量に制限がありますので、無くなり次第終了となります。といっても結構な量を用意しています。ご了承の上、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。
 7月21日(土)8時から、またまた試飲会を予定しています。アメリカのビールが中心になる予定です、2500~3000円。詳細はまたいずれ。
[PR]
by orcorn | 2007-06-20 15:42

6月中号 第102号

試飲会のビール その1a0046593_94034.jpg
マルール・ダークブリュット
マルール・キュベロイヤル
デウス
サラ・トラディショナル
サラ・オーガニック

工場見学記、キリン編

 ここは予約の電話の対応は完璧です。説明もすばらしいし、メンテナンスの情報までしてくれます。文句無く最高点5点です。
 ここは駅からも近く、行くのに便利です。しかし当日は、並行して走っている電車で事故があり、その影響でダイヤが大幅に乱れました。受付時間の少し前につくよう、2本ぐらい前の電車に乗ったのですが、駅に着いた時点で受付後のツアー開始時間の直前でした。走って工場に行きましたが、事故の件は知れ渡っているせいか、ビータより遅刻した人も含めて開始時刻を少し送れてスタートです。a0046593_942333.jpg
 ちなみに向上の外観はまさに工場で少々無骨ですが、受付嬢、ガイドさん共とても可愛く、差し引きすると大幅にプラスです。
 遅刻者への対応マニュアルなども含めて5点といって良いでしょう。

ケイトと学ぶ ステップ23

 ビータはインターネットの検索を、よくアドレスから検索をするのですが、キーワードから検索する人のほうが多いのかな。 
 実はビータのキーワード検索は、友人やお客さんに主にかけています。だってその方がいろいろ質問できるし、便利です。それって少々迷惑者かな。

ビータのつぶやき

 7月7日(土)は七夕と開店10年目突入を記念して、振る舞いビールを出します。量に制限がありますので、無くなり次第終了となります。といっても結構な量を用意しています。ご了承の上、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。
 7月21日(土)8時から、またまた試飲会を予定しています。アメリカのビールが中心になる予定です、2500~3000円。詳細はまたいずれ。
[PR]
by orcorn | 2007-06-18 09:05

6月5日号 第101号

試飲会の風景a0046593_0584116.jpg

食えないつまみ アサヒと野球

 アサヒビールって、楽天のスポンサーをしていました。もっと前に気づいていればよかった。タイミングをはずしてしまいました。

工場見学記、サッポロ編、ついに試飲

 ここはコースの最後の方に、試飲まであと○○メートルと度々出て来ます。友人には大うけでした。ビータ的には箱根駅伝の写真でも飾ってほしかった。
 試飲場所はなんとオーシャンビューです。さらに、黒ラベルエビスの2種類が試飲できます。
こうやって飲み比べるのはすごく良いですね。黒ラベルは、全体を覆う穏やかな苦味で、ストレートな味わい。エビスの方は、マイルドの中に辛い感じだが弱い苦味で、香りが良かったです。
 体調のせいか、工場見学に慣れてきたせいか、前回ほどの感動はありませんでした。やや不満な点もありますが、5点。
 ここに来た目的は実はもう一つありました。飲食店向けのビールサーバーを見たかったのです。例のパンフレットに載っていたのですが、樽をすっぽり覆ってしまう形状のようです。と思ったら、違うそうです。機械もこの工場には置いていないそうですが、想像していた物と違うようで、この点はひどく落胆しました。a0046593_059368.jpg
 その後、隣接のここもまたオーシャンビューのレストランでジンギスカンを食べました。友人はさらにエーデルピルスを飲みました。ビータは香りだけ頂きました。以前飲んだのですが、「こんなにフルーツの香りがしたっけ。」という印象です。
 写真は、海側から見た工場ですが、もらったパンフレットをデジカメに撮ったので移りが悪くってすみません。未来都市のようにかっこいい工場です。ちなみに左端がレストラン。
 総合評価は、4点です。

ビータのつぶやき

 7月7日(土)は七夕と開店10年目突入を記念して、振る舞いビールを出します。量に制限がありますので、無くなり次第終了となります。といっても結構な量を用意しています。ご了承の上、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。
 7月21日(土)8時から、またまた試飲会を予定しています。テーマは未定、2500~3000円。詳細はまたいずれ。
[PR]
by orcorn | 2007-06-11 01:00