<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9月25日号 第123号

食えないつまみ 痛風

 よく、痛風にビールは厳禁、と言った話を聞きます。痛風の人の尿酸値は高く、それを高めるのがプリン体、酒類の中でビールが一番多く含まれる、と言う論法でしょう。
 しかし、痛風の要因は、肥満、運動不足、ストレス、などいろいろあり、おそらくそちらの方が、より重要なのです。
 だからあまりビールを苛めないでください。

今日のジョッキ エルディンガー・オクトーバーフェストa0046593_11472671.jpg

 知る人ぞ知る、世界一の小麦ビール専門の会社です。まあ大体、小麦ビール専門なんて会社はめったにありませんので、かなりハードルの低そうな世界一ですが。
 以前一度飲んでいるのですが、全く覚えていませんでした。で、今回飲んでみて驚きました。あまり小麦ビールらしくないのです。
 甘い蜂蜜のような香りと、マンゴーのようなねっとりした香りの影に、小麦ビールの酵母の香りが少々。泡立ちがよく、炭酸ガスがたっぷりという所は小麦っぽいのですが、酸味はあまり感じません。とても軽やかな味わいで、香りほどにはフルーティーな感じがしません。辛口の印象で、だんだんスパイシーな味わいが出てきます。5.7%とは思えないほど、飲み口が優しいです。しかし弱いビータは500ml飲んで、しっかり酔いましたので、ちゃんとしていそうです。
 格別な余韻は無いのですが、とにかくすっきりサッパリした味わいで、とても美味しいと感じるビールです。
 やるなー、世界一。

久しぶりの迷い道 蟻ネタもう一つ

 今密かに日本移住計画を進行中の蟻がいます。その名は、アルゼンチンアリ。陽気そうな名前です。だからか動きが恐ろしくすばやいのです。テレビで見ていたら、まるで早送りの映像のようでした。
 さらに繁殖力が旺盛で、どんどん子作りしますし、不幸にも女王アリが死亡した場合にも、すぐに新しい女王アリを祭り上げてしまいます。
 性格も凶暴で、人間にも噛み付き、それがとても痛いのだそうです。
 大きさは小さく、ゴマ粒ぐらいの大きさです。
 これがまずは、関西に拠点を設け、最近横浜に進出してきたようです。今後これが、自然環境をどのように変えてしまうのかは解りませんが、在来生物にとっては、かなりな脅威になりそうです。
 オチが無くてすみません。

ビータのつぶやき

 年内に後3回の試飲会を予定しています。29日の次は、10月末か11月前半、そして12月上旬にクリスマスビールを飲んで締める予定です。
 何かいい案がありましたら、ぜひ教えてください。
[PR]
by orcorn | 2007-09-28 11:47

9月下号 第122号

食えないつまみ 発泡酒

 贅沢なプレミアムビールと、安さの第3のビールの間に挟まれ、かなり苦戦している発泡酒ですが、新たな展開も見せ始めています。
 カロリーオフなど機能面での充実を売りにしているのです。ビータはここら辺のビールを飲んでいないので、何もいえません。
 まあこれもビールの懐の広さと、解釈しましょう。

時事―な問題点 恐怖新聞

 この新聞のすり替え事件は、かなりおもしろい話です。いったいどうなるのかしばらく続けてみました。
 すると毎日、新聞が入れ替わっています。雨の日には、ポストの奥に入っていた新聞も替わっていました。これはもう常識的に推理すると、前の新聞の配達員が、新聞を入れ替えているに違いありません。
 落語などでは、このような話がありそうですが、現実にはこのような滑稽な話はなかなかありません。だって、いずれ集金のときなどには、必ず事実が発覚してしまうからです。
 当初は「これは友人たちへの話のネタになる。」と成り行きに興味を持っていたのですが、だんだん時間がたつと、かなり心配になりました。
 事実が暴かれ大事件になるのは本意ではありません。最初はおもしろがっていたビータとしては、状況を知っていたのに放置した負い目があります。しゃれの段階で、何らかの決着が図れるだろうと思っていました。しかし、かなり日にちが経つと、うまく収める手段が思い浮かびません。ある種の不安が高まりました。
 そんなある日、前の新聞の勧誘員が「また次回新聞を契約してほしい。」とやってきました。よく知っている人だったので、事情を説明して、配達員にやんわりとすり替えを止め配達を停止するよう、言ってもらう事にして、この「恐怖新聞」事件は無事決着しました。
 皆さん、おもしろがって、いたずら心をあまり出さない方が、良いですよ。

ビータのつぶやき

 9月29日(土)8時から、試飲会を予定しています。テーマは決まりませんでした。いろいろバランスよく試飲しようと思っています。夏を忘れないビールも出ます。おつまみは少し秋っぽくします。
 8名程度の参加者を募集中です。会費は3000円です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
[PR]
by orcorn | 2007-09-24 00:43

9月15日号 第121号

試飲会のビール その3
a0046593_2347512.jpgサザンプトン・インペリアル・ポーター
デシュート・ブラックビュート・ポーター
ベルイユ
サザンプトン・ダブルホワイトエール

時事―な問題点 恐怖新聞

 かつて「恐怖新聞」と言うタイトルの漫画が少年誌に連載されていました。お坊さんでもあるつのだじろう氏の作品だったと思います。
 ある日突然、主人公の少年の家に「恐怖新聞」が配達されます。この新聞には、未来に起こる恐ろしい出来事が書いてあります。そしてこの新聞を受け取った人は、その度ごとに寿命が何日か減ってしまうのです。少年は、その新聞が配達されないようにしたいのですが、うまくいきません。a0046593_23424998.jpg
 この漫画はかなり長く連載されました。新聞の記事がかなり怖くて、ホラー好きなビータには、とてもおもしろかったです。残念ながら最後はどうなったのかは、覚えておりません。
 さて、ビータは時々購読する新聞を換えます。その時、前の新聞屋さんが、気づかずに配達し続けることがよくあります。今回換えた時も前の新聞が配達されていました。そこで配達員の方に気づいてもらうため、より早い時間に配達される新しい新聞を、ポストの口をふさぐような形で、残しておきました。
 程よき時間に新聞を取りに行くと、なんと、その新聞が前の新聞に入れ替わっていたのです。
初日は、ビータの勘違いかと思いました。たまたま、その日は前の新聞がすごく早い時間に配達して、新しい新聞の配達員はいれわすれたのかもしれない。
 次の日はきちんと新聞を確認しました。早朝にポストに入っていたのは、新しい新聞社のです。前日と同じように新聞を入れなおして、また後で新聞を取りに行きました。やはりすり替わっています。
 これぞ現代版、恐怖新聞です。
 続く

ケイトと学ぶ ステップ26

 最近、タッチパッドを使わずに、友人から借りたマウスを使用しています。ビータが持っているマウスには、クリックとドラックしか出来ないのですが、このマウスは真ん中に付いているタイヤのようなものを回して、スクロールすることが出来ます。
 スクロールも便利だけれど、タッチパッドを使わないので、誤作動が少なくなってとても便利です。
 このマウスを密かに、カブトムシと呼んでいます。何となく、メスのカブトムシに似ている気がします。

ビータのつぶやき

 最近、下書きを書いた日と、ブログにアップした日に、かなりのタイムラグがあるため、少々タイミングがずれて、間が抜けた感じになっています。うーん、どこかの首相みたいだ。
 9月29日(土)8時から、試飲会を予定しています。テーマは参加希望者と相談中です。「夏を忘れないで」「ガツンと苦いぜ、特集」などが候補です。あと、おつまみにリクエストがでました。
 8名程度の参加者を募集中です。会費は3000円です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
[PR]
by orcorn | 2007-09-20 23:50

9月中号 第120号

試飲会のビール その2
a0046593_0175051.jpgキリン一番搾り
ハイト・マックス・プライム
フィッシュテイル・デトネーター
キルシュ・ビア

今日のジョッキ ピートブラウン・トリビュートエール
 
 本当は前号に載せればよかったのですが、忘れておりました。サンフランシスコの北にあるベアーリパブリック醸造所のブラウンエールで、ピート・ブラウンさんの名が付けられています。
 27という数字がかいてあるので、この人は何かスポーツ選手かと思っていたのですが、会社の有能なセールスマネージャーで若くして亡くなった方のようです。
 一応広く販売する物なのに、ビールにこんな内輪な人の名を付けて良いのかなって、かなり気になります。
 6.3%とかなり度数が高く、ローストしたモルトの風味と、ホップの苦味とのバランスが良く、苦味の余韻があるのが印象的です。

能天気な話 台風一過a0046593_0182212.jpg

 先日の勢力の強い台風の直撃を受け、ビータのバーの周り中に茂っているツタが、かなりサッパリしました。
 だいぶ葉っぱが風で飛ばされたようです。あまりにも強い風のため、周囲の道路も、思いのほか綺麗でした。代わりにどこかで誰かが、大量の落ち葉を掃除されたでしょう。どうもありがとうございました。
 今回ビータは、風で乱れたツルなどを、邪魔にならない様に整えるだけで後片付けは終了です。
 ここ数年、「ツタのせいで、中が見えない。」「あまりにもツタがすごくってお化け屋敷のようだ。」とか言われていました。この点においては、運よくお手軽に改善できました。

ビータのつぶやき

 9月29日(土)8時から、試飲会を予定しています。テーマは参加希望者と相談中です。「夏を忘れないで」「ガツンと苦いぜ、特集」などが候補です。8名程度の参加者を募集中です。会費は3000円です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
[PR]
by orcorn | 2007-09-17 00:18

9月5日号 第119号

試飲会のビール その1
a0046593_154938.jpgエストレーラ・ガリシア
ウーライヒ・ピルス
ピートブラウン・トリビュートエール
ベアーリパブリックXPペールエール

能天気な話 今回は真面目に

 最近、関東地方に重大な被害をもたらす台風って、3年に2回ぐらいの割合で来ているそうです。今回の台風もそれに数えられるでしょう。
 ビータが子供の頃は、台風が近づくときには、雨戸の外側からバッテン印に板を打ち付けて、吹き飛ばされないように補強したり、畳を上げて水が入ってくるのに備えたり、時にはおにぎりまで用意していました。
 最近はもちろんビータもそのようなことをしませんし、近所の友人たちもしていないようです。
昔に比べて、自衛の意識が薄れてきたのでしょうか。それとも町が災害に強くなり、めったなことでは被災しないという安心感でしょうか。a0046593_182188.jpg
 ビータの本音は、災害に備えても、今までは何も起きなかった、準備したものを使わなかった、だからまた今回も無駄になりそうだからサボろうかな、です。
 しかし考えを変えねばなりません。
 「備えが無駄になって万歳。毎回大災害のための、予行練習をさせていただいているのだ。防災の日のニュースを参考にして、自分なりの防災計画の実行だ。」
 結果は?
 物が倒れたり、吹き飛ばされたりなど、若干問題点がありました。とりあえずはこれを第一歩として、次回はさらにグレードアップします。

迷い道 幸せを分けあう

 蟻って、幸せを分けあう虫です。
 蜜を見つけて吸って巣に持ち帰る途中に、まだ仕事をしていない仲間と出会うと、自分のお腹に入れた蜜を、分けてあげるのです。手柄を分かち合うなんて、えらいですね。見習いたいものです。
 だけど、重いものを運んでいる時に友人に会っても、半分持ってもらおうとするのはいけません。分けるのは食べ物やビールだけにしておきましょう。
 えっ、友人に荷物運びを手伝わせる人なんて、ビータだけですか。申し訳ありません。

ビータのつぶやき

 9月29日(土)8時から、試飲会を予定しています。テーマは参加希望者と相談中です。「夏を忘れないで」「ガツンと苦いぜ、特集」などが候補です。8名程度の参加者を募集中です。会費は3000円です。
 予約は 047-378-3407 おれんじCorn までお願いします。
[PR]
by orcorn | 2007-09-14 01:08