<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1月25日号 第141号

食えないつまみ

 大手4社の今年の売り上げ計画が出ました。
 アサヒ、キリンは、第3のビールの売り上げは、大幅に伸ばすが、それ以外は前年割れです。
 サッポロは、逆にビールと発泡酒は前年実績を超えるが、第3のビールは大幅に落ちると予想しています。この3社は、合計の売り上げでは前年よりダウンです。
 サントリーは、ビールの売り上げを伸ばして、合計の実績の前年アップを見込んでいます。
 値上げによる影響をどう見るか、プレミアムビールの需要をどう見込むのかで、各社の予想が分かれています。この他の要素として、景気の落ち込み、格差社会の広がりによる影響が心配です。
 まずは、ビールを飲んで、くよくよ考えるのは止めましょう。

今日のジョッキ ードン・ビエルシュ・ブロンドボックa0046593_23561454.jpg

 以前このビールの生を飲んだとき、強い香水のような香りだったのですが、ビンビールは、ホップの香りと糖質の甘い香りがします。あれはビータの記憶違いだったのでしょうか。
 味は、モルトの甘さとコクが強く、ボックらしい味わいです。徐々にホップの苦味も加わり、雑味も無く、くどさがありません。7%の度数も適度ですし、どんなシチュエーションにも対応できるビールです。
 しかし、いつかまた、生をもう一度味見したいものです。

ビータのつぶやき

 次の試飲会は、2月17日、日曜日夜8時から、始めます。
 今度こそ、ドイツビールのミニ樽を空けます。参加者を募集しています。047-378-3407 おれんじCornまで。
[PR]
by orcorn | 2008-01-22 23:56

1月15日号 第140号

食えないつまみ

 読売新聞の全国調査よると、男性のストレスの解消法の1位が酒を飲むことだそうです。次が趣味に打ち込むことです。
 ところが女性の場合は、ダントツでおしゃべりです。2番目は趣味に打ち込むことというのは男性と同じですが、酒はベスト5に出てきません。
 ビータの店のお客さんに男性が多いのは、こういうことだったのですね。
 ちなみに、のんびりする、睡眠をとるは、男女とも上位に来ています。

今日のジョッキ ゴードン・ビエルシュ・ピルスナーa0046593_14495683.jpg

 スッキリしたホップの風味が印象的なビールです。さっぱりしてクリアーですが、ピルスナーにしては苦味が弱めです。余韻に深みがあります。
5.3%です。

ハワイのビール Vol.9

 ちなみに、ゴードンビエルシュは1988年創業です。

ビータのつぶやき

 次の試飲会は、2月17日、日曜日夜8時から、始めます。
 今度こそ、ドイツビールのミニ樽を空けます。
[PR]
by orcorn | 2008-01-15 14:50

1月5日号 第139号

試飲会のビール その3
a0046593_041232.jpgシャポー・クリスマス
ブーカニア・クリスマス
デリリウム・クリスマス
ブラザー・セロニアス

食えないつまみ

 昨年から、いろいろな物が、続々と値上げされています。今年も、次々と値上げの予定があります。
 2月にキリンビール、続いて3月にアサヒビール、さらに4月にはサッポロビールです。サントリーは、缶ビール以外を4月に値上げするようです。缶は5月いっぱいの値上げは無いようです。どちらも350ml入りの缶で焼く10円程度のようです。
 とするならば、1月はキリンビールを飲み、2月はアサヒに換え、3月はサッポロにして、4,5月はサントリーを楽しむ。これで、値上の影響は最小限になります。

今日のジョッキ パトラッシュa0046593_0383042.jpg

 ネロがあるのだから、パトラッシュだって無くては困ります。こちらは2006年に作られました。
 ロースト麦芽の香ばしい風味が良く、キャラメルやブドウの皮のような味わいもあります。甘さの中にホップの苦味が落ち着きを与えてくれます。度数はネロより少し強い8%です。
 もう子年ですが、2年前を思い起こしながら、飲むのも楽しいものです。


ビータのつぶやき

 次の試飲会は、2月17日、日曜日夜8時から、始める予定です。
[PR]
by orcorn | 2008-01-07 00:41

12月25日号 第138号

試飲会のビール その2
a0046593_14565341.jpgゲイルズ・クリスマス
バー、ハンバク
エンギエン・ノエル
ホッグヘブン

食えないつまみ

 もうクリスマスは終わりましたが、イギリス人のウィーダさんが書いた物語で、日本人に大人気のあの「フランダースの犬」を検証するドキュメンタリー映画が、ベルギーで作られたそうです。
 イギリスやベルギーなどでは、ネロは負け犬で、作品は評価されません。なぜ日本人の心を強く捉えたかというのは、日本人の中に潜む「滅びの美学」だそうです。
 バリバリ日本人のビータは、思わず涙がこぼれてしまいます。

今日のジョッキ ネロズ・ブロンド

 ベルギーで2000年から発売されています。もちろん、「フランダースの犬」の主人公ネロにちなんでいます。
 柑橘系のフルーティーさが強く、穏やかな甘みで、酵母風味もあり、スパイシーな辛さのアクセントがすっきりした印象を与えます。後味のやや刺激的な余韻も、「フランダースの犬」の感動のように印象に残ります。以外に強めの7%です。a0046593_1455440.jpg

ビータのつぶやき

 クリスマス号なのに、もう年が明けてしまいました。
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 次の試飲会は、2月17日日曜日を予定しています。
[PR]
by orcorn | 2008-01-04 14:57