<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

4月上号 第148号

トロピカルフルーツ
a0046593_973797.jpg
 マンゴーってかなり色々な種類があるように思います。丸っこい楕円形や、ペリカンマンゴーのように、パパイヤを小さくして、滑らかにしたような物など、きっと他にも色々な形があるのでしょう。興味はあるのですが、バナナに比べて単価が高いため、調査は断念しています。007.gif
 味がパパイヤに似た物もありました。種は平べったい楕円形で、長いところは、5センチ以上ありました。
 さてこの前食べたマンゴーは、マンザニロという種類で、プリンスメロンを1回り小さくしたような形で、表面は緑と赤が入り混じった色でした。多分、日当たりの加減で色づきが違うのでしょう。
 甘酸っぱい味で、かなり酸味が強く、プラムに似たような味でした。種はアボカドと桃を、足して2で割ったような形だったと思います。039.gif

似た言葉

 「おれコン」と、「オレゴン」って音だけは、すごく似ています。
 「おれコン」は、ビータの職場の別名ですが、ごくわずかの人がそう呼びます。「オレゴン」は、アメリカの西海岸の州で、カリフォルニア州の北にあります。
 「おれコン」には、外国のビールがたくさんあります。「オレゴン」は、ブリューパブ(醸造所兼レストラン)がたくさんあります。
 どうやら、音以外にも似ているところがありそうです。これはちょっと「オレゴン」を調べてみたくなりました。017.gif
 あら、某格安旅行会社で、ポートランド(オレゴンの都市)行きの超格安航空券を、売っているようです。005.gif

おスギのばかやろー

 ビータの花粉症は、花粉症仲間に比べると、軽症だと思っていました。
 ボックスティッシュを常に持ち歩いている人や、一日中マスクをしている人、眼がかゆくてたまらないとか、くしゃみが止まらなくて困っているとか、風邪のような症状で仕事もままならないなど、彼らの病気自慢?は、悲惨なものでした。
 もちろんビータだって、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみに、たまに頭痛と、典型的な症状はでます。顔を頻繁に洗ったり、鼻うがいの真似事をしたり、世間で言われている対処法で、約20年間乗り切ってきました。
 今となって思い返してみれば、花粉症仲間の多くが、いい医者に出会い、自分にあった治療法を見つけたようです。
 「医者なんかかかっても、だめだ。」という20年前の記憶にこだわっていたビータが、遂に、「今年は耐えられそうもない。」と、医者に行く決心をしたのです。007.gif


ビータのつぶやき

 4月27日(日)に、濃い目のビールなどを飲む試飲会を、予定しています。068.gif詳細は未定ですが、7時か8時開始で、会費は2500~3000円です。ゴールデンウイークの前半の予定が決まっていない方は、試飲会の参加を検討するのも、いいですよ。
 047-378-3407 おれんじCornまで。
[PR]
by orcorn | 2008-03-27 09:10

3月25日号 第147号

試飲会のビール その3
a0046593_0564153.jpgビッラ・トロール・ダウ

能天気な話

 やっと春になったー、と喜んだのですが、東京地方の今年の花粉は、只者ではありませんでした。苦しみ半分。しかし関連業界は、花粉バブルに浮かれているんでしょうね。

おスギのばかやろー

 ビータの花粉症暦は、およそ20年です。今年のスギ花粉には、やられました。
 3月9日土曜日が、今年の発症日です。例年より1ヶ月程度遅いのですが、その分、症状もひどかった。鼻が詰まり、頭痛がして、体が熱っぽく、節々が痛くなり、時には歯まで痛くなりました。
 初めて花粉症になったおよそ20年前、あまりの辛さに、医者に言ったのですが、当時は、定期的に通うのが億劫だったし、薬の副作用か、喉がヒリヒリ痛んで、それも苦痛でした。
 以後、「医者に行ってもイマイチだ。」 花粉症仲間の、闘病話を聞いても、「直すのは難しそうだ。」 結局はひたすら、「この1ヶ月を耐えるのが、ベストの選択だ。」 と思い込んでいました。
 花粉症仲間は、実に様々な治療法を試しており、中には、かなりな痛みを伴う注射だったり、症状がでる3ヶ月以上も前から治療を開始したり、高額な医療費がかかったりで、実にお気の毒なことだと思っていました。
 ビータの場合は、何とか気合で、花粉期間を耐えられましたから。

ビータのつぶやき

 次の試飲会は、4月13日日曜7時からです。フルーツ風味のビールが中心で、9種類です。
 例によって、貴重なビール、珍しいビールが、若干出ますが、1本しかないものもあり、量的には、満足いただけないかもしれませんが、我慢してください。
 会費は約2500円です。(参加者の数によって変動あり)
 また、4月27日(日)にも、濃い目のビールの試飲会を、予定しています。詳細は未定ですが、ゴールデンウイークの始まりの予定が決まっていない方は、試飲会の参加を検討するのも、いいですよ。
 047-378-3407 おれんじCornまで。
[PR]
by orcorn | 2008-03-24 00:57

3月15日号 第146号

試飲会のビール その2
a0046593_7333438.jpgストーン・オールド・ガーディアン
ストーン・インペリアルロシアン・スタウト
モイランズ・インペリアル・スタウト
ふじやまビール・ヴァイツェン
ふじやまビール・ピルス
ふじやまビール・デュンケル

時事―な問題点 ブラウンビール的なビール

 流れから行くと、ここからブラウンビールを細かく解説といくのでしょうが、そうはなりません。
 実は、なぜ、トップの写真(ウルション)を新しくしたのかを説明するのが、目的だったのです。ウルションはブラウン色をしたビールです。今年は、子年です。干支のラベルが見つからず、ハリネズミで我慢しました。
 長い期間読んで下さった方々、なんか尻すぼみで申し訳ありません。
 これでこのシリーズは、終わりです。a0046593_7325016.jpg

ビータのつぶやき

 次の試飲会は、4月13日日曜7時からです。フルーツ風味のビールが中心で、9種類です。
 例によって、貴重なビール、珍しいビールが、若干出ますが、1本しかないものもあり、量的には、満足いただけないかもしれませんが、我慢してください。
 会費は約2500円です。(参加者の数によって変動あり)
 また、4月27日(日)にも、濃い目のビールの試飲会を、予定しています。詳細は未定ですが、ゴールデンウイークの始まりの予定が決まっていない方は、試飲会の参加を検討するのも、いいですよ。
 047-378-3407 おれんじCornまで。
[PR]
by orcorn | 2008-03-19 07:33

3月5日号 第145号

試飲会の風景
a0046593_6533946.jpg
試飲会のビール その2
マッドリバー・スチールヘッド
エクストラ・ペールエール
スコッチ・ポーター
    ジャマイカブランド・サンセットIPA 

食えないつまみ

 昨年のスリムフリー辺りから、糖質カットのビール類が市場をにぎわせています。メタボリックが囁かれているせいか、今年もいろいろ出るようです。しかし、あの糖質が、コクと感じるのに、糖質ゼロで本当においしいのでしょうか。飲む量や回数を、減らした方がいいのではないでしょうか。
 数年前の、ノンアルコールビールの流行と似ている気がします。a0046593_6545014.jpg

時事―な問題点、改め、食えないつまみ アウデナールデのブラウンビール

 今までが前ふりで、これからがやっと本題です。
 このブラウンビールは、元々は、アウトブラインとかプロビションビールとか言っていたようです。
 ベルギーの東フランダース州アウデナールデの地ビールです。
 特殊な造り方をして、麦芽がカラメル化するために茶っぽい色になります。
 乳酸発酵を伴う場合もあるようです。基本的には甘酸っぱいビールですが、甘い種類もあるそうです。
 有名なのはリーフマン醸造所です。
 レッドビールに比べ、赤みが少なく、酸味が弱いです。
 続く

時事―な問題点 食について

 野菜は、あまり輸入に頼りすぎず、高くても日本の農産物を大事にしましょう。
 冷凍食品は、程々にして、たまには手作りしましょう。
 食べることを、軽く考えずに、頂きましょう。
 などという教訓を、何物かが与えてくれたのかな。

ビータのつぶやき

次の試飲会は、4月13日日曜7時からです。フルーツ風味のビールが中心です。
 047-378-3407 おれんじCornまで。
[PR]
by orcorn | 2008-03-15 06:55