<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

11月上号 第179号

試飲会の風景a0046593_0341696.jpg













 ハルヴェマーン醸造所で、以前に使われていた道具。試作したビールを熟成させるタンクなのか?
                          ビールの熟成室。タンクが壁に埋められている。

a0046593_035119.jpga0046593_0352096.jpg
[PR]
by orcorn | 2008-10-31 00:35

10月25日号 第178号

食えないつまみ  

 先日の新聞によると、第3のビールの売り上げが、すごく伸びているそうです。まあ、この社会情勢なら納得です。001.gif
 また、ビール類全体の売り上げが減っているのも、当然です。日本の人口も、縮小傾向にあるのですから。
 相変わらず、アサヒとキリンの熾烈なトップ争いが続いています。次々とヒット商品を出して攻めるキリンと、守るアサヒ、と言ったイメージです。a0046593_7382857.jpg
 サントリーは、これからが正念場でしょうが、値上がりを遅らせた時に開拓したファンが、固定客に変わっていったように思います。
 残念ながら、サッポロは手詰り感がいっぱいです。今後の見通しも暗いなあ。007.gif

ベルギービールを求めて

 すごく空腹なのですが、本日のメイン、ハルヴェ・マーン醸造所の工場見学に、行かなければなりません。
 地図を見ながら歩くと、醸造所の匂いがしてきました。併設のレストランに入りました。3時の見学まで、時間があまりありません。見学の予約と共に、ブルッグス・ゾット・ブロンドと、チーズ盛り合わせを注文しました。度数の高い、ダブルもあるのですが、超空腹ですので、酔い過ぎないように、ライトなブロンドを注文しました。039.gif
 甘みが意外と強く、酵母風味で、とてもフルーティーなビールでした。6%にしては、かなりしっかりボディです。a0046593_7385652.jpg
 とっととビールを飲み、食べきれないチーズはオミヤにして、醸造所見学ツアーに参加です。何と幸運なことに、今回は英語のツアーでした。英語のツアーは時々しか行われないようです。だけど英語で説明されても、ビータの英語力では、ほとんど分りません。ところが、ビール工場なだけに、おおよそ言っていることの想像がつきます。おかげで、とっても楽しめました。実はこのツアーは、今は操業していない古い施設の見学です。これもまた、なかなか見るチャンスが少ないので、嬉しいところです。(10月下号 第177号など)003.gif

ビータのつぶやき

 11月30日(日)は、クリスマスビールをテーマに、試飲会をします。068.gif
 時間は、7時~9時です。
 会費、約4000円、8種類程度。
 予約は、047-378-3407 おれんじCornまで。
 今秋前半は、冷蔵庫にビールをあまり補充しません。少々がっかりさせるかもしれませんが、ご了承ください。
[PR]
by orcorn | 2008-10-27 07:53

10月下号 第177号

ハルヴェマーン醸造所の、以前に使われていた、発酵タンク。a0046593_7102020.jpg

昔の、大麦とゴミとを分ける道具、らしい。a0046593_7104969.jpg
















昔の、冷却装置。水槽に水を入れてから、細い管に、ビールの素を通して、冷やす。
a0046593_711733.jpg
[PR]
by orcorn | 2008-10-20 07:12

10月15日号 第176号

試飲会のビール その2
a0046593_031757.jpgレイジーボーイIPA
モジョIPA
ヘイズド&インフューズド
ローグXSインペリアルIPA


食えないつまみ  

 世界ビール会社事情のコラムは、この辺で終了します。
 世界では、こんなに業界が再編していたとは、驚きです。きっともっといろいろ調べると、さらにおもしろいことが分るのでしょうね。001.gif
 さて、日本は、どうやらこの業界の再編の枠の外のようです。一番の理由は、日本の商取引の複雑さに、世界が困惑していることです。
 次には、今や日本のビールメーカーは、単なる総合酒類メーカーではなく、飲料や、食品、バイオ、花など、かなりいろいろな分野に手を広げています。さらに、薬品、化粧品なども、その範囲に入りつつあります。a0046593_034547.jpg
 もうこうなってくると、単にビール会社と言っては、いけないかもしれませんね。005.gif

ベルギービールを求めて

 ブルージュの昼は、「ガンブリヌス」というレストランで、食べようと思ったのですが、ビータの英語がうまく通じず、ハウスビールのダークのみ飲めました。011.gif
 味を書いたメモを紛失してしまったのですが、結構スッキリしていて、酸味が強く、モルトや、フルーツ風味が少しあり、飲みやすく、6%位の度数の感覚でした。ミディアムボディかな。068.gif

ビータのつぶやき

 10月26日(日)は、ベルギービールとオクトーバーフェストをテーマに、試飲会をします。068.gif
時間は、7時~9時です。
会費、約3000円、8種類程度。
予約は、047-378-3407 おれんじCornまで。
 今のところ、店売りのオクトーバーフェストビールは、1種類です。当店の新商品ですが、とっても少量しか入れていません。a0046593_041662.jpg
[PR]
by orcorn | 2008-10-14 00:05

10月中号 第175号

試飲会のビール その1
a0046593_7455331.jpgラ・ルース・ブロンド
ウエストマール・ダブル
ワージントン・ホワイトシールド


食えないつまみ

 ちょうど一ヶ月前、舞浜地ビールが、国内のコンテストで、出展5種類全部、入賞しました。すごいことですよね。003.gif
 ここは、デズニーランドにも程近いため、今頃は、ハロウインで盛り上がっていることでしょう。
 そちらに、お寄りの際は、ちょっと足を伸ばして、ビータの店にもいらしてください。と言いたいのですが、電車で30分以上かかるからなあ。039.gif

世界ビール会社事情 スコッティシュ・ニューキャッスル社

 始まりは、1890年のニューキャッスルブリュワリー
1927年、ブラウンエールを発売。
その後、マッキューワンズ社、ヤンガーズ社、カレッジ社と合併して、1960年には、イギリス最大の醸造所となりました。
2000年アルケン・マース社を買収。
a0046593_7464397.jpg2008年、ユナイテッド・ブリュワーズに買収されます。

ベルギービールを求めて

 安い宿でも、手足を伸ばして寝られます。僅かに疲れを残して、2日目は、ブルージュに日帰り観光です。世界遺産の町ですし、今日は朝市があるというしね。
 鐘楼から、町を見下ろしました。ミニバスで、通りを観光しました(ヘッドホンから、日本語のガイドが流れます)。ゴンドラに乗って、運河から見学です(船頭さんが、フランス語訛りの英語で、解説してくれます)。
 これで、ブルージュは、空と陸と水から、すべて制覇です。003.gif
 写真は、醸造所(後日記載)の屋上からの、町並みです。 

ビータのつぶやき

 10月26日(日)は、ベルギービールとオクトーバーフェストをテーマに、試飲会をします。068.gif
時間は、7時~9時です。
会費、約3000円、8種類程度。
予約は、047-378-3407 おれんじCornまで。
 今のところ、店売りのオクトーバーフェストビールは、1種類です。当店、新商品ですが、とっても少量しか入れていません。006.gifa0046593_747888.jpg
[PR]
by orcorn | 2008-10-08 07:47

10月5日号 第174号

試飲会の風景
a0046593_3102893.jpg
食えないつまみ ビールをたくさん飲む
 
 人間の細胞や脳は、慣れます。
 最初の一杯目のビールがすごく美味しくても、だんだん飽きてきます。喉の奥にある水繊維も、ふやけてくるそうです。そこで、塩分の多いおつまみを食べることにより、喉と脳に、飢餓感を取り戻させて、さらにビールを飲むのです。005.gif
 もっと賢い方法は、ビールの種類を変えることです。喉で味わうビールから、舌で楽しんだり、香りを味わうビールに切り替えるのです。すると、塩分も控えられるし、さらに楽しめます。
 その楽しみ方を詳しく知りたい方は、ビータのお店に来てね。006.gif

世界ビール会社事情 カールスバーグ社

 またまた、恥ずかしながらです。実は社名が違いました。008.gif
 創業者のヤコブ・クリスチャン・ヤコブセンは、スパーテン醸造所で修行しました。そして、ラガー酵母を貰って(盗んだという説もあります)、帰国しました。
 1847年、コペンハーゲンに、カールスバーグ社を設立。
 その後息子とけんかをして、会社が2つに分かれたのですが、1906年に、再び合併します。
 1970年頃、ツボルグを合併して、社名が、ユナイテッド・ブリュワーズに変わりました。a0046593_3112462.jpg 1992年、アライド・テトレーを吸収
 2008年、スコッティシュ・ニューキャッスル社を買収しました。038.gif

ベルギービールを求めて

 忘れていました。一番最初に飲んだビールは、飛行機の中の、ヴァルシュタイナーでした。002.gif
回り道をしたため、ブリュッセル到着は、夜になりました。ホテルの場所を調べておくのを忘れていて、なかなか見つかりません。おまけに冷たい雨が、ザンザン降り、結局、1時間近く、雨にぬれながら、ウロウロしてしまいました。
 今回は徹底的に、宿はケチりました。だから、狭いし(洗面所を含めて、6畳位)、臭い匂いはするし、朝食付きですが、かなりしょぼい食事です。防音も悪いです。写真は、部屋を左右両側から、写しました。貧相でしょう。安くて、中心街に近いのが取り柄です。017.gif

ビータのつぶやき

 10月26日(日)は、ベルギービールとオクトーバーフェストをテーマに、試飲会をします。068.gif
時間は、7時~9時です。
会費、約3000円、8種類程度。
予約は、047-378-3407 おれんじCornまで。a0046593_3115310.jpg
[PR]
by orcorn | 2008-10-06 03:19

9月25日号 第173号

食えないつまみ 喉の渇き
 
 先日、NHKで、一杯目のビールはなぜ美味しいか、という話をしていました。
 この答えの前に、まずはこの話から。001.gif
 喉の奥には、水繊維という細胞があるそうです。これが水分に反応して、脳に信号を送るのです。ですから昔の人が、喉が渇くとか、喉を潤すとか、言ったのは、まさに理に適っているのです。045.gif
 日本のほとんどのビールは、ピルスナーです。また多くの場合、喉が渇いた状態で、ビールを飲みます。だから美味しいのです。
 また、ビールの炭酸は、普通の水より、水繊維をより強く刺激して、適度なアルコールが、それをさらに持続させるそうです。
 さらに、味を感じる細胞、ミライは、喉の奥にもあり、そこは、苦味と酸味を担当しているのです。で、ピルスナーの、適度な苦味と酸味が、喉で味わえるのです。喉を鳴らして飲むとは、まさに、このことかもしれません。003.gif

ベルギービールを求めてa0046593_831525.jpg

 ビールのお店をやっているのにもかかわらず、ビータはベルギーへは、ほんの数時間しか、行ったことがありませんでした。いつかは、ベルギーでビールを飲んでみたいと、思っていたのですが、お金はかかるし、時間もかかるので、二の足を踏んでいました。
 しかし、どんどんユーロは高くなるし、飛行機代もものすごく上がってきました。このままだと、経済的に、一生行けなくなりそうなので、このたび、最初で最後のつもりで、思い切って、ベルギーに行くことにしました。006.gif
 メインのターゲットは、ベルギーのビール祭り、ビアウイークエンドです。最初は、ツアーを考えていたのですが、金銭の面と、時間の面で、満足のいくものが見つかりません。仕方が無いので、個人旅行にしました。
 フランクフルト経由、ブリュッセル行きの、航空券を予約しました。しかし、せっかくですので、経由地で、日本で飲めないビールを飲みたいと思い、さらに、ハンブルグも経由することにしました。
 で、フランクフルトでは、リッヒャー・ヘーフェヴァイスを飲みました。ヴァイツェンらしく、クローブの香りが強く、しっかりしたコクのあるビールです。結構酸味もありました。テーブルが一杯だったせいか、専用グラスで出されなかったのが、がっかりです。a0046593_834580.jpg
 ハンブルグでは、イエバー・ライムです。ビンでしたので、ラベルが持ち帰れました。甘く、ライム風味たっぷりの上、炭酸も強く、とてもジュース的なビールでした。024.gif

世界ビール会社事情 クローネンブルグ社

 起源は、1664年、ジェローム・ハットが、カノンの醸造所をストラスブルグに設立です。
1947年、人気商品のティグレボックを、クローネンブルグと改名。この頃、社名も変更したようです。
1970年、産業グループのダノンに買収されます。
1980年頃、アルケン社を吸収し、その後、マース社と合併して、アルケン・マース社になります。本社は、アントワープの近くです。
2000年に、スコッティシュ・ニューキャッスル社に買収されます。
2008年、カールスバーグの傘下になりました。

ビータのつぶやき

 10月26日(日)は、ベルギービールとオクトーバーフェストをテーマに、試飲会をします。068.gif
 時間は、7時~9時です。
 会費、約3000円、8種類程度。
 予約は、047-378-3407 おれんじCornまで。
[PR]
by orcorn | 2008-10-03 08:07