<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月下号 第269号

カップ10

 オランダ、ウルグアイ戦は、予想以上に、ウルグアイの積極的な守備で始まりました。前目でボールを奪って、早い攻めをしました。
 なかなかリズムに乗れないオランダですが、ロングシュートで先制。前半終了間際に、ウルグアイのお返し。
 後半から選手を代えて、前への圧力を強めるオランダ。微妙な判定の勝ち越し点、そして追加点。ウルグアイが、一矢報いて、試合終了。
 ビータの予想は、少々外れましたが、多くの人の予想通り、オランダの危なげない勝利、でした。
 
 前半は、ウルグアイがペースを掴んでいましたが、オランダも、予定内です。
 オランダは、華麗なパスワークと、ドリブルのイメージを持たれますが、今大会では、それは、全体の1割程度。主体は、狭い範囲に7人で守備のブロックを作って、裏へ入らせない守備です。時には、一人を残して、皆で守ります。
 攻撃は、前の3人の、個人技とコンビネーションで、点を取ります。
 地味な戦術ですが、大会前の、「強い攻撃力と不安のある守備」という前評判に対して、修正したのです。
 現に、ウルグアイの2点とも、ペナルティーエリアの外からです。速攻しても、決定的チャンスは作れませんでしたし、奥深く、えぐれません。
 オランダは、先制したら、無理をせず、守りを固めます。調子が上がらないように見えるのは、点を取ることより、勝つことを目指して、体力を温存するからです。日本戦が、良い例です。
 後半に、勝ち越しを目指して、オランダらしい厚みある攻撃を出しましたが、今大会では、これは、隠し球です。
 オフサイドにも見える追加点でしたが、ディフェンスに当たって、コースが変わったシュートを、空振りしたのか、避けたのか、微妙です。
 ウルグアイも、最後は、1点差にしましたが、後半途中で、体力を使い果たしたようで、余力があるようには、見えませんでした。

今回は、得点の2割程度が、ペナルティーエリアの外からのシュートだそうです。これは、ワールドカップ史上、特筆すべき特徴だそうです。それだけ、各チームの守備のブロックが強くなり、中に進入できないのでしょう。

 スローインの時、選手が、ユニフォームでボールを拭くのを、よく目にします。まさか、汗で濡れるのではないでしょうから、悪いピッチ状態のため、試合前に撒いた水で、ボールが濡れるのでしょうね。
[PR]
by orcorn | 2010-07-07 13:37

7月15日号 第268号

カップ10

 ベスト16の予想で、12チームの正解。
 ベスト8の予想では、7チーム。おおむね順当な結果とは言え、サッカーマニアの、面目躍如です。
 ベスト4は、パーフェクト。
 すいません、今、うぬぼれまくっています。

 ビータが、決勝トーナメント前に修正した予想は、
「準決勝は、ブラジル戦で、波に乗るオランダが、ウルグアイを退け、若さのドイツが、ポルトガル戦で疲弊したスペインを破ります。
最後は、オランダの、初優勝。」
でしたね。
 数日前から、間違えてスペイン、オランダだと、皆に言っていました。てへへ、ごめんなさい。とにかく、オランダ優勝を予想します。

 調子に乗って、準決勝を詳しく予想します。
 フォルラン、スアレスの二つの牙で、相手をしとめてきたウルグアイですが、スアレスを失いました。戦力的にも劣るため、かなり厳しい戦いです。しっかり守って、カウンターで点を取りたいものです。
 ファンデルウィールという翼を失ったオランダも、攻撃力が少し落ちてしまいます。しかし、カイト、ロッペンという強力なエンジンは、健在です。コックピットのスナイデルが、乗りまくっています。センターバックのスピードに不安がありますが、ウルグアイのパスの出所を押さえて、2-0で、勝つでしょう。
 ファンペルシーの復調は、決勝までお預け。

 ドイツは、ミュラーの出場停止は痛いけれど、波に乗っています。高さの優位を生かして、コーナーキックから、点を取ります。
 ボール支配率で勝るスペインですが、いま一つ、鋭さに欠けます。怪我上がりのトーレスの回復も、不完全です。決定力のあるビジャと、スーパーセーブのカシージャスの活躍が必至ですが、 先制点を取られて、エゼルが躍動して、カウンターでやられて、一子報いるのが精一杯です。2-1で、試合終了。

 サッカーだって、何が起こるか分りません。
 ウルグアイが勝つ時には、守ってチームの士気を挙げて、少ないチャンスを先制して、虎の子を守りきる。
 スペインは、選手の運動量を上げて、ドイツを自陣に封じ込める。長く均衡状態を続け、後半30分過ぎに、先制。ドイツのセットプレーを、ファインセーブでしのぐ。

 こんなこと言っていると、今に、大恥をかくかもしれませんね。

ビータのつぶやき

7月18日日曜日、7時から試飲会をします。068.gif
 苦いビールを中心に、飲もうかと思っていましたが、「自分で、ハーフアンドハーフをブレンドしよう。」が、テーマです。また、樽ビールを空けたいと思いますので、じゃんじゃん飲んでくださいね。
 今回は、飲み会的要素が、増します。
[PR]
by orcorn | 2010-07-06 19:29

7月中号 第267号

カップ10

 ブラジルの前半を見たら、強い、穴が無い、と思いました。全員が、献身的な守備をします。人をかけて、囲んでボールを奪います。今日も、ゴールまでの手数が少なく、シュートまで持っていきます。先制点を奪って、益々、カウンターがやり易くなりました。こうなったら、ブラジル、アルゼンチンの決勝戦を楽しもうか、位な感じでした。
 運動量が上がらないオランダは、チャンスになっても、攻めを遅らせられてしまいました。ファンペルシーもいま一つの出来です。
 後半で、ラッキーな同点になり、オランダが元気になりました。思い通りの展開にならずに、どんどんイライラしたブラジルの隙を突いて、逆転。今まで、楽な試合しかなかったし、北朝鮮や、ポルトガル戦のように、守備を固める相手をなかなか崩せませんでした。あせるブラジルは、最後は自滅した感じです。

 予想は大当たりでした。オフサイドラインをすり抜けて、先取点は取ったブラジルですが、その後は、なかなか守備陣の裏に入れません。ダイナミックな攻撃は出来ませんでしたが、ロッペンは、活躍しました。ブラジルのレッドは、少し厳しいけれど、踏みつけにいっているようなので、仕方が無いでしょう。

 出場停止や、ケガ人で、層が薄いガーナの劣勢を跳ね返すかのような、スタジアムの応援です。なんか、ガーナに、先取点を取らせてあげたくなりました。
 試合は、以外にも、攻め合う展開になりました。まずは、ウルグアイの攻勢、次には、ガーナの番。しかし、ウルグアイの堅守の前に、中に入れません。前半終了間際のロングシュートで、ガーナの先制。
 後半は、ウルグアイが、圧力をかけ、フリーキックで同点。その後は、運動量で勝るガーナが、押し気味の展開。層が薄いせいか、選手交代は2人のガーナ。延長後半の後半で、テレビ終了。
 後でダイジェストを見たら、ロスタイムで、一発レッド、PK、そして失敗のドラマがありました。

 予想は、かなり当たっていました。
 巧さというか、狡さのハンドの、ウルグアイ。雑さが、PKにも出た、ガーナでした。

 「メッシのドリブルに、ドイツは翻弄されます。しかし、アルゼンチンはなかなか得点が奪えず、ドイツのカウンターを許します。ゲームの主導権を奪われ、アルゼンチンはあせります。
 守備も堅く、パス、ドリブルのバランスも良いスペインが、主導権を握ります。先取点を奪って、出場停止の選手がいるパラグアイの反撃を、許しません。
これが、ビータの戦況予想です。」
 後出しじゃんけんみたいですが、これは、準々決勝の前に、書いた原稿です。

 早い時間の先制点が、効きました。気性の荒いアルゼンチンは、今大会初の、追いかける展開に、戸惑いました。決定力のあるイグアイン、ボールを取られず、ゲームを組み立て、シュートも出来るエースのメッシ、攻守にチームに貢献するテベス。その他、世界のビッグクラブの、オールスターのようなメンバーです。しかし、1ヶ月も絶好調を維持するなら、奇跡です。
 メッシにボールを持たれても、最後のところをやらせなかったドイツ。破壊力のある攻撃陣を、分断しました。幸運にも、後半の後半で、3点も取れました。

 第261号で触れたのですが、このグアテマラ人の主審は、嫌いです。PKや、カード、その他のジャッジに多数異議があります。
 守備網の外でパス回しするスペイン、リズムが出ません。時折見せるカウンターで沸かせるパラグアイでした。前半の決定機は、パラグアイの方が多かったです。
 後半になり、動きが激しくなったスペインが、徐々に圧力を増します。前の試合の疲れか、パラグアイが動けなくなります。結局、乗っているビジャに、こぼれ球が来て、決着。
 スペインとしては、反省しきりのゲームでしょう。やはり、ポルトガル疲れなのでしょうか。
[PR]
by orcorn | 2010-07-04 22:40

7月5日号 第266号

カップ10

 健闘むなしく、アメリカは、南アフリカを去ります。今回は、負けましたが、粘り強さは、大会随一といって良いでしょう。スピードがある上に、人数を掛ける攻撃力は、見事です。
 ガーナもスピードがあるのですが、この日の攻撃は、アメリカに劣りました。しかし、守備に向かうスピードの速さは、ものすごいものがありました。時折見せる鋭い速攻も、さすがです。ギャンは、一瞬のスピードと強さには、恐るべき物がありますが、全体の運動量がいま一つです。
 今大会は、キーパーからのフィードが、アシストになるケースが、目立ちます。これが高地のゲームなのでしょう。

 アルゼンチンのテベスのオフサイドゴールは、間違いなく、線審のミスです。確実に見ている位置です。一瞬、眠っていたのでしょうか。主審が、ラインズマンに確認したのは、正しい行為です。結局は、これでゲームの流れが変わりました。
 しかし、イグアインの決定力には、脱帽です。一方、メッシは、シュートを打つ割には、決まりません。
 メキシコは、2点目の失点で、気落ちしたはずですが、ゲームを捨てない態度は、尊敬に値します。
 ハーフタイムの、小競り合いは、おまけですね。

 テクニックがあり、スピードがあり、攻撃の厚みもあるチリですが、その厚みのせいか、つい手数が多くなり、相手に、守備の組織が作られてしまいます。
 逆に、ブラジルは、よく守備をするし、シュートまでが早い。チリが目指すべき攻撃です。

 準々決勝の一つは、奇しくも、ミスジャッジの恩恵を受けたチームチーム同士の戦いです。

ウルグアイの巧さに対し、スピードとパワーはあるが、少し雑で、相手にリズムを作られる時間ができるガーナは、不利です。
ガーナが勝つとすれば、先取点を取って、スピード感のあるディフェンスと速攻、という展開に持ち込むことです。

 7番勝負なら、ブラジルの勝ちでしょう。今の、戦力、戦術でもです。しかし、あえて、オランダを押します。
 願望です。4年後のブラジル大会で、優勝するのだから、今回は、他国に譲ってほしい。また、今回勝つと、後々、大変なプレッシャーで苦労します。
 オランダは、まず、カカを押さえ込んで、マイコンに注意し、ラインぎりぎりですれ違う攻めを止めます。攻撃では、ワイドな攻めからの折り返しや、縦のワンツーなどで、守備陣を振って、シュートコースを作ります。ロッペンと、ファンペルシーの調子も、上がるでしょう。互いに、まずディフェンスから入るでしょうが、特に、カカをイライラさせれば、勝てると思います。

 今回は、決勝戦で、出場停止にならないように、準決勝の前で、カードの累積が消えるシステムになっています。良い方法かもしれません。
 
 今大会のボールは、支持しません。
 まず、ボールが変化しにくいようです。テクニカルなフリーキックが減ってしましました。
 また、ボールが軽くて弾み易いようで、キーパーがキャッチしづらいようです。そのため、ファインセーブより、キャッチミスが、出やすくなりました。
 
 以外に、高地の影響は、少ないようです。
 最初は、ロングボールが伸びすぎたようですが、選手達は、あっと言う間に、対応しだしました。
 空気が少なくて、後半に運動量が落ちると言われていましたが、涼しい気温のためか、過去2大会より、激しい動きの試合が多いです。
[PR]
by orcorn | 2010-07-02 12:41

7月上号 第265号

カップ10

 うっかり、ビデオを消去してしましました。前半の20分ぐらいしか見ていないのですが、ウルグアイの巧さが、印象的でした。先取点しか見れませんでしたが、面白かったようなので、再放送があったら、見ます。
 韓国は、健闘もむなしく、帰国です。

 ドイツの攻撃のキレには、素晴らしいものがあります。以前より高さが無くなりましたが、スピードがあります。
 イングランドは、不幸なミスジャッジで、前がかりにならざるを得ず、カウンターでの失点を、繰り返しました。
 最後の15分は、互いに、馴れ合った感じです。
 ビータは、疑惑の得点と、退場に関わるシーンのみは、ビデオで判断をするべきだ、と思っています。FIFAは、サッカーは人間がやるものだから、ミスジャッジも受け入れよう、と考えているのでしょうか。

 戦前、ディフェンスラインに不安がある、と言われていたオランダですが、守備の意識が高く、お得意の、湧き上がるような攻撃力は、自重しているようです。しかし、さすがはロッペンですね。オランダのコンディションは、今後は、もっと上がってくるでしょう。
 イタリア戦がピークだったのでしょうか。スロバキアも、最後に意地を見せました。

 日本は、大健闘でした。しっかり守った上に、そこそこ、攻めたし、パラグアイに、カウンターのキレを出させない試合でした。最後には、陰陽師の要の阿部を下げて、元々、目指していたシステムに変えました。守備を破られる心配したのですが、無難にこなしました。PK負けでも、十分満足です。
 永友は、もう、就活を完了していたのですね。でも、値段が、急上昇との話もあるようです。
 数回あった、決定的ピンチを切り抜けたパラグアイは、さすがに、守備は堅いですね。

 ビータは、岡田監督を嫌いなのですが、彼の能力については、賞賛しなければなりません。おそらく、東京オリンピックのクラマー?とメキシコオリンピックの時の監督と共に、日本代表の、偉大な三大監督です。
 彼の素晴らしいところは、急遽、戦術を変える柔軟な思考、そして、その指導力です。
 今後、格下の相手と戦う場合と、強敵と戦う場合の、二通りの戦術が、必要になります。今回は、良い教訓になりました。

 予選のスペインは、1試合しか見ていないのですが、組み立てまでは、完璧です。ただ、評判の破壊力が発揮できていません。今まで、イエローカードを受けていないそうですが、審判のジャッジにも左右されますが、フェアで堅実ということも、否定できません。ファインプレー連発のカシージャスが、正キーパーに君臨する理由が分ります。
大会前に、守備に不安があると言われていたポルトガルは、予選では、無失点で来ました。また、巧く行き過ぎた北朝鮮戦以外では、得点を取っていません。
 結果は、予想が大的中で、クリスチャーノ・ロナウドは、ほとんどボールに触れませんでした。

 ガーナが勝ち上がりましたが、決定力というか、可能性のあるシュートの数が低いので、ウルグアイですね。
 ビータのジンクスでは、ヨーロッパチャンピオンリーグで優勝したチームの国は、その年のワールドカップで、優勝できない。また、死のグループのチームも、優勝できない、です。
 という訳で、イタリア、ブラジル、ポルトガルは、優勝できないと、考えています。しかし、4年前は、死の組のイタリアが、優勝しちゃったのですが。今回も、ジンクスが、外れるのでしょうか。
[PR]
by orcorn | 2010-07-01 18:37